マイベストプロ岐阜

コラム

山あり谷ありが、人生

2023年1月25日

テーマ:メンタルヘルス

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

 私は、幼い頃、本を読むより、外で遊んでいる方が好きでした。そして、両親共働きで祖母に育てられていましたから、刺激もなく、読書習慣はありませんでした。
 そんな私でしたから、国語の時間にみんなの前で本読みをすると、つまりながら読むため、先生から指導を受けました。みんなの前で一人立ち、顔を真っ赤にし、みんなから白い目でみられていると感じながら、とても辛い時間を過ごしていました。
 このような体験があり、本を読む事によいイメージがなかったため、読書嫌いになっていきました。

 これまで、生活や仕事に必要にかられて読む本はありましたが、わざわざ読書の時間を作る事はありませんでした。

 そんな私ですが、昨年3月に行われた講演会で紹介された本を読み、読書に興味を持ち、3月末から、読書の時間を作って生活をしています。
 
 人の生き方に関する本が中心ですが、学ぶ事が多く、楽しさを感じています。

学んだ事は、

 どの方もテレビドラマのように、山あり谷ありの人生を歩んでいる。平坦な道を歩いている人は一人もいない。

という事です。

 そして、どの方も、その時々の自分の課題に、真摯に向き合い、誠実に対応して生きていました。

 結果として、日々のその努力が、必ず身を結んでいます。

 私自身、毎日、穏やかに過ごしたいと考えていますが、山あり谷ありの人生を生きています。
 誰もが同じように生きているという気がします。

 ただ、本に登場する人と違いがあるとすれば、視野の広さや深さのように思いました。

 時間の広がり
  自分の人生を見通す長期的な視野に立っている
 
 空間の広がり
  自分事ではなく、地域や社会のためと世界が広がっている。

 質の深まり
  ビジョンや使命感が明確で、深い人間理解が根底にある。

 これを自分の人生に当てはめていく事が、自分の人生を生きる事ではないかと思います。

 辛い事があっても、「これも人生。」と捉え、避けたり、逃げたりせず、受け止めています。
 むしろ、そんな時は、どう乗り越えようかと挑戦する姿勢が強い気がします。

 今では、読書の時間は、自分を見つめて、自分の進むべき方向を明らかにし、生きる希望や勇気を得る大切な時間になっています。

 これまでの自分では考えられない変化です。

これも山あり谷ありの人生を生きている証のようにも思います。

今を生きている実感があります。

今後、読書の幅を広げ、より豊かな人生を送りたいと思っています。

あすなろ教室ホームページ
 http://asunarokyoshitu.jp/

あすなろ教室は、企業研修も行っています。(https://setsuzei-senmon.com/gifu/14252/

この記事を書いたプロ

須田敏男

長年にわたる小学校の教頭の経験を活かした家庭教育支援のプロ

須田敏男(あすなろ教室)

Share

関連するコラム

須田敏男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
058-337-0453

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

須田敏男

あすなろ教室

担当須田敏男(すだとしお)

地図・アクセス

須田敏男プロのコンテンツ