マイベストプロ愛媛

コラム

「重い椅子の肘だけの切り取りってできますか・・・?」

2021年1月13日 公開 / 2021年1月20日更新

テーマ:リノベーション家具の製作事例

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 家具 選び方

「およそ20年前に、土岐さんで買った椅子なんですが・・・。」
「歳をとって重く感じてきたので、肘の部分だけを切り取ってほしいのです。」
「肘だけを切ることってできますか・・・?」
と、新居浜市・H様が肘付きダイニングチェアをご持参くださいました。

「令和の時代に、土岐泰弘が必要だと想う家具の仕事」・・・リノベーション家具の製作

令和の時代に入り、家具に限らず、「ものを買い足し増やしたい」という よりも「ものを断捨離して少なくしたい」という話をよく聞きます。
また家具においては、家族構成の変化や生活スタイルの変化、引越し、歳をとったことなどで、
「永年使ってきて愛着はあるけれど、現在は使いにくくなった。」
「家族が少なくなって、大きすぎる・・・。」
「歳をとって、重すぎる・・・。」
「膝が悪くなって、床に座れなくなった・・・。」
などなど、このような話をよく聞くようにもなりました。

そこで、TOKI家具館メンテナンスが、令和に時代に必要だと想う仕事は、
永年使って愛着があるという家具に・・・
①加工を加えて、より使いやすくする!
②無垢材ヶ所を再資源化して、一度材料の状態に戻し、今必要とされている家具に作り変える!
という、リノベーション家具の仕事なんです。

この仕事をすることにより、ご不便を感じていた家具が、少しでも便利に使いやすく変身させることができると想います。
大量生産 → 大量消費 → 大量廃棄 の時代は、もう終わりだと想います。
令和に時代は、明治・大正・昭和・平成の時代に作られた愛着ある家具たちに、リノベーションという加工を加えて、より永く使っていくことが大切なことのように想っています。

リノベーション作業前①/H様からお預かりした肘付き椅子です。

この椅子は、飛騨高山・シラカワ様の和魂アームチェアです。
肘付き椅子は、左右に伸びた肘が、立ち座り時の支えにもなりますし、座っている時には腕が預けられてとっても楽なのですが、その分重量は重くなってしまいます。
和魂チェア 作業前①

リノベーション作業前②/切断予定ヶ所です。

背もたれと肘の取り付け部です。この部分を切るとなると、大変緊張作業になります。
和魂チェア 作業前②
前脚が伸びて、肘の支えになっています。この部分を切るには、デザイン性も考えなければなりません。
和魂チェア 作業前③

リノベーション作業中①/椅子の養生

初めに、座面を取り外して、背もたれの布張りヶ所を養生しました。
この作業は、単純に肘を切るだけでなく、切ったヶ所の塗装作業が必要になります。
塗装時に、布張りヶ所を汚さない工夫をしました。
和魂チェア 作業中①

リノベーション作業中②/肘部の切断作業

切り取るヶ所に墨付けして、慎重に切っていきました。
このように組み上がっている椅子に作業を加える時は、動力機械の定盤に乗せることができないため、ほとんどが手加工作業です。
そのため、TOKI家具館メンテナンスでは、手加工作業の向上に力を入れています。
和魂チェア 作業中②
2脚共に、肘部を切った状態です。切った肘の部材は、作業台に置いています。
近年、このような「椅子の肘を切ってほしい。」というご依頼が1年間に2~3件くらい入りますが、最初の肘を切る作業が、もっとも緊張するんです。
和魂チェア 作業中③
両刃のこぎりの横切りで切った、切断面です。
和魂チェア 作業中④

リノベーション作業中③/研磨作業

切断した背もたれの取り付け部と前脚部を研磨作業しました。
和魂チェア 作業中⑤
和魂チェア 作業中⑥

リノベーション作業中④/下地着色作業

研磨して生地出ししたヶ所に、下地着色していきました。
こういう小さな面積を塗る時は、タンポか刷毛で作業をしています。
和魂チェア 作業中⑥
下地着色が塗りあがった状態です。
和魂チェア 作業中⑦
背もたれの取り付け部も、接ぎのダボ跡は残るものの、比較的きれいに仕上がりました。
和魂チェア 作業中⑦

リノベーション作業中⑤/ウレタン樹脂塗装作業

椅子2脚を、塗装室に移動させて、サンディングシーラー → 補色調色 → ウレタンフラット の各工程を、3~4回拭きつけていきました。
和魂チェア 作業中⑧
切断した前脚部も、比較的きれいに仕上がりました。
和魂チェア 作業中⑧

リノベーション作業後/H様の椅子が完成しました。

塗装作業ができたのちに、木工作業場に戻し、座面の取り付けやフレーム全体のバランス調整作業を経て、完成しました。
和魂チェア 作業後①
背もたれと肘の取り付け部は、この通りきれいに仕上げることができました。
和魂チェア 作業後②
下の写真は、切断した2脚分の肘ですが、これを取り除くと、椅子自体もかなり軽くなったと思います。
和魂チェア 作業後⑥
切断した前脚部も、この通りきれいに仕上げることができました。
恐縮ですが、この椅子を見ると、最初から肘が無かった椅子に見えると思います。
少し時間はかかったものの、きれいに仕上がり感無量です。
H様、ご依頼いただきありがとうございました。土岐泰弘
和魂チェア 作業後③

人と人との関係性の大切さを感じた仕事でした。

今回の作業では、取引先のシラカワ様から、下地着色と上塗り用の純正塗料を供給していただきました。
シラカワ様の家具には、この写真のように検査証が貼られています。
しかも、塗装色や張り生地も明記していますので、今回のようなリノベーション作業や修理作業をする時に、この検査証がとっても役に立つんです。
和魂チェア 作業後④
H様のご依頼内容を、営業担当者のI様に伝えたところ、ペットボトルに入れて、純正塗料(SH色)を送ってくれました。
こういう心遣いがとってもうれしいですし、「どんなことでも相談しあえる」日ごろの人と人との関係性の大切さを感じました。
シラカワ様、ご協力いただきありがとうございました。土岐泰弘
和魂チェア 作業後⑤

この記事を書いたプロ

土岐泰弘

家具の修理とリノベーションのプロ

土岐泰弘(有限会社土岐家具店(屋号:TOKI家具館メンテナンス))

Share

関連するコラム

土岐泰弘プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0897-43-6371

 

「マイベストプロ愛媛を見た」とお電話ください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

土岐泰弘

有限会社土岐家具店(屋号:TOKI家具館メンテナンス)

担当土岐泰弘(ときやすひろ)

地図・アクセス

土岐泰弘のソーシャルメディア

facebook
Facebook

土岐泰弘プロのコンテンツ