マイベストプロ愛媛
仙波誉子

消防・防災のプロ

仙波誉子(せんばたかこ) / 産業カウンセラー

株式会社岩本商会

お電話での
お問い合わせ
089-947-2111

コラム一覧

RSS

8月5日は「はしご車の日」

8月5日は「はしご車の日」

2020-08-08

日本には、たくさんの記念日があります。弊社の主力商品である消防車に関しては、「日本記念日協会」によると、4月23日を「消防車の日」、8月5日を「はしご車の日」と制定しています。詳しくは弊社ブログを...

非接触式電子温度計

非接触式電子温度計

2020-07-28

新型コロナウイルス感染症が日本国内に拡大している今、改めて、感染予防対策に一人ひとりが取り組むことが必須です。3密を避け、マスク着用、手洗い、そして、毎朝体温測定をして、健康チェックを行い、発熱...

飛沫防止用シートと火災予防

2020-07-17

新型コロナウイルス感染症対策として、レジカウンター等に飛沫防止用シートが設置されていますが、このシート越しにやり取りをすることにも、徐々に慣れてきた感じがします。しかし、慣れてきた頃が要注意で...

エヴァンゲリオン仕様防災パンフレット『 防災知識補完計画 』

エヴァンゲリオン仕様防災パンフレット『 防災知識補完計画 』

2020-07-07

7月早々、前線の影響で、九州地方を中心に記録的豪雨による甚大な被害が発生しています。亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。今後も降雨や...

熱中症警戒アラート

熱中症警戒アラート

2020-06-27

6月は愛媛県で30度を超える暑い日が数日間あり、マスクを着用しているとますます暑さを感じました。環境省と気象庁の発表によると、7月1日~10月28日、関東甲信地方の1都8県において、熱中症のリスクが極めて...

新たな防災資格「災害備蓄管理士」

新たな防災資格「災害備蓄管理士」

2020-06-17

私たちはあらゆる災害に備え、水や食料、トイレなどの生活必需品や資機材を、災害備蓄品として準備しておくことが必要です。一般社団法人防災安全協会は、社員の安全・安心を守る為に、BCP(事業継続計画 )...

防災マンガ 「 どうする?水害から命を守る行動 」(EMINBO)

防災マンガ 「 どうする?水害から命を守る行動 」(EMINBO)

2020-06-07

今年の3月、「 誰一人とりのこされない防災 」 を目指した非営利の任意団体「 江戸川みんなの防災プロジェクト(EMINBO) 」 が、防災マンガ 「 どうする?水害から命を守る行動 」を発行しました。非営利目的...

『 新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック 』 

『 新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック 』 

2020-05-27

日本国内において、緊急事態宣言が徐々に解除されても、新型コロナウイルス感染症の終息の目途は立っていません。従って、前回のコラムでもお伝えしたように、感染が続く中で、豪雨災害や地震などとの複合災害...

今、もし発災したら…新型コロナウイルス感染症と避難生活

2020-05-17

新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が段階的に解除となったとはいえ、未だ感染症防止に細心の注意が必要とされる状況下で、梅雨や台風が発生しやすい「 出水期 」がやってきます。つまり感染が続...

消毒用アルコールの安全な取り扱いについて

2020-05-07

新型コロナウイルス感染症の予防として、手指の消毒の為、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。アルコール濃度が60%以上含まれる消毒用アルコールは、消防法上の危険物に該当し、その取扱いには...

新型コロナウイルス感染症と心の「バイアス」

新型コロナウイルス感染症と心の「バイアス」

2020-04-26

以前、弊社コラムでも記しましたが、災害時に避難指示をしても「過去の経験から、私は大丈夫」「これくらいならまだ大丈夫」「隣の人も避難していない」 …etc. と思い込み、避難しない人がいます。新型コロ...

中小企業の事業継続力強化を目指して!

中小企業の事業継続力強化を目指して!

2020-04-15

昨今、地震や豪雨、台風など、大規模な自然災害が多発し、日本各地で甚大な被害を受けています。そしてまさに今、新型コロナウイルスによるパンデミックが、我々の生活を一変させています。企業においても迅...

「 高性能型消火器 」誕生!

「 高性能型消火器 」誕生!

2020-04-05

この度、より早く確実に消火しやすいように、消火能力を著しく向上した 「 高性能型アルミ製蓄圧式粉末消火器 アルテシモ・プラス」が誕生しました。従来の10型消火器と比較すると、約2の1の時間で消火する...

防災放送アプリ「 コスモキャスト 」

防災放送アプリ「 コスモキャスト 」

2020-03-25

2018年、南予地方に甚大な被害をもたらした西日本豪雨の時は、激しい雨風の音で、防災行政無線の放送が聞こえなかった、という声が、多くの住民から上がりました。災害情報を伝達する手段の一つとして、弊社...

動く浮き輪 「 遠隔操作型無人救命浮環 」

動く浮き輪 「 遠隔操作型無人救命浮環 」

2020-03-16

2月19日(水)、松山市の梅津寺海水浴場にて、画期的な浮き輪のデモが、国内で初めて開催されました。安全な位置から操作して、救命浮環を要救助者に届けることができる動く浮き輪です。詳しくは弊社ブログを...

この専門家が書いたJIJICO記事

「文化財防火デー」に考える、災害から文化財を守る取り組みとは

「文化財防火デー」に考える、災害から文化財を守る取り組みとは

2018-01-26

文化財を災害から守るために、行政、文化財所有者・管理者、地域住民が連携・協力する必要があり、その取り組み方についてお話します。

11月9日は「119番の日」!火災予防と発生時の対策を知ってこう

11月9日は「119番の日」!火災予防と発生時の対策を知ってこう

2017-11-09

11月9日は「119番の日」。これから空気も乾燥し、火災が起きやすい時季になります。火災予防について家族で話し合いましょう。

災害時、あなたの命を守るには

災害時、あなたの命を守るには

2017-09-25

全国で頻発する自然災害。命を守るには、一人ひとりの日頃の備えと、発災時の初動が重要です。「自助」として取り組むべきポイントを紹介します。

過去の震災から学ぶ 災害時生き残るための防災対策

過去の震災から学ぶ 災害時生き残るための防災対策

2017-03-18

東日本大震災から6年が立ちますが、その後も大小規模の地震が各地で発生しています。過去の震災から得た教訓を生かし、災害が発生したとき生き残るために今からしておくべき防災対策について専門家が解説します。

頻発する地震 発災時の避難情報と行動について

頻発する地震 発災時の避難情報と行動について

2016-12-07

日本全国で地震が頻発しています。東日本大震災の教訓を活かし、生命と財産を守らなければなりません。発災時に発信される避難情報とそれに伴う避難行動について、どのように行えばいいか解説します。

特別の備えが求められる高層マンションの地震対策

特別の備えが求められる高層マンションの地震対策

2016-05-20

関東大都市圏を始めとして高層マンションの居住者は増加傾向にあるが、過去の大震災では高層マンション特有の被害が発生することが明らかになっており、それに対応するため特別の備えをしておくことが必要。

備えていますか?非常食

備えていますか?非常食

2016-03-30

東日本大震災から5年。南海トラフをはじめ、次に予想される災害への準備に関心は高まっています。災害時、必要となってくる非常食をどう考えるか、専門家が解説。

火山噴火に備えるべき防災用品と心構え

火山噴火に備えるべき防災用品と心構え

2015-05-19

神奈川県と静岡県をまたぐ箱根山の噴火警戒レベルが2に引き上げられ、火口周辺規制は今も解かれていない。多くの活火山がありながら「噴火」に対する認識が薄い日本において、必要な防災用品と心構えについて解説。

防災対策「自分のまちを知る」ことの重要性は?

防災対策「自分のまちを知る」ことの重要性は?

2015-03-27

自然災害の被害を最小限にするには、自宅や職場などがある地域の「土地の特徴」を把握することが大切。専門機関のハザードマップを読むほか、地元のお年寄りから過去の災害の話を聞くなど日頃から防災対策を。

街の防災、言葉の壁を越えた取り組みを

街の防災、言葉の壁を越えた取り組みを

2015-02-10

昨年の訪日来客者数は過去最高の約1,300万人。さらに外国人の来訪者が増えることが予測される中、災害時の支援対応に課題。多言語対応のニーズに応える商品と各地で始まる「防災のグローバル化」を紹介。

震災を知らない子どもたちに伝えたい防災意識

震災を知らない子どもたちに伝えたい防災意識

2015-01-05

阪神・淡路大震災から20年。被災地では、震災の記憶の風化が懸念されている。子どもたちへの防災教育は地域全体に効果をもたらす。防災を文化として地域に根付かせる礎を築くことは大人の責務と専門家の見解。

災害時の「ペット同行避難」必要な備えは?

災害時の「ペット同行避難」必要な備えは?

2014-09-11

環境省では、主にイヌ及びネコなどのペットを対象とする「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を作成し、「ペットの同行避難」を推奨。備えるべき5つのポイントを防災の専門家が伝授。

南海地震への備え 僕たちができること

南海地震への備え 僕たちができること

2014-07-09

災害が起こったとき、公的機関の支援には限りがある。自分で自分の身を守る「自助」、隣近所の人と助け合う「共助」が不可欠。被害を小さくするための備えと、命の守り方について防災の専門家が解説。

備えておきたい非常食ラインナップ

備えておきたい非常食ラインナップ

2014-04-01

阪神・淡路大震災、東日本大震災などを経て、非常食に対する意識も変化。味や栄養価、アレルギー対応などが求められ、その数も増加。高齢者や病人、乳児がいるなど、家族構成に応じた備えが必要。防災士が解説。

中小企業が策定すべき防災対策

中小企業が策定すべき防災対策

2014-03-18

事業継続計画(BCP)の策定が求められているが、中小企業で34.0%にとどまり、取り組みが遅れている現状。しかし、いかなる危機でも生き残る企業であるために防災対策は必須。基礎となる防災対策を解説。

仙波誉子プロのコンテンツ