まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
吉田要介

依頼者の正当な利益を守るためにあらゆる可能性を追求する町弁

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

吉田要介プロのコラム一覧:相続の知識と弁護士に相談するメリット

相続の開始とは、相続を知ったときであり、そこがさまざまな手続きの起点となります。それ以降は、一定の期限内に手続きを済ませないと、相続人が不利益を被ってしまうこともあります。それぞれの期限を知り、特に重要な「熟慮期間」についての詳細をご紹介します。 相続を知った日から3カ月...

本来、被相続人が遺した財産は、プラスだけでなくマイナスの負債も相続人に引き継がれることになります。しかし、明らかにマイナスの方が大きい場合には、相続放棄や限定承認という方法をとることができます。3カ月という短い期間内で、被相続人の負債を調査する方法の一端をご紹介します。 ...

遺産を相続する場合、被相続人との続柄において相続する人が決まります。法律で定められた相続の範囲や順位には明確な基準があり、それぞれに権利が確保されることになります。ここでは、相続の優先順位の決め方のあらましを紹介します。 被相続人の配偶者は、必ず法定相続の権利を持つ ...

自分の財産を誰にどのように分割するのか、遺言書によって実現することができます。遺言書には3つの種類がありますが、最も気軽に作成できるのが、自筆による遺言書です。書き方によっては無効になることもあるので、おさえておくべき内容を確認しておきましょう。 相続による紛争を避けるた...

被相続人の遺言書によって、法定相続人以外の第三者に財産を遺贈することができます。しかしその場合であっても、法定相続人である配偶者・子どもには、遺留分とよばれる割合が保証されています。遺留分の計算方法を含め、遺言にまつわる知識として紹介します。 どのような遺言書があって...

一部の富裕層を除いて、一般家庭の人々には相続税は縁遠いものと感じるかも知れません。しかし、税制改正によって、相続税を支払わなければならない人数は確実に増えています。そこで遺言作成や生前贈与などの対策を講じておくことが、節税やトラブル回避に不可欠なのです。 基礎控除額縮...

一口に遺産の相続といっても、どのタイミングで何を行うべきなのでしょうか。ここでは、各種の手続きそれぞれの期限を時系列で紹介しますので、相続全体の大まかな流れを把握しておきましょう。 相続の開始とは、「相続のあったことを知った日」であり全てのスタート 被相続人(相続される...

財産を相続するためには、大きく3つの方法が選択できます。相続人間でのトラブルなどを避けるためには、どのようにして、そしていつまでにこれらの方法を採用することを決めなければならないのでしょうか。 全ての遺産をそのまま受け取るという、最も基本的な相続のあらまし 人が死亡すると...

故人の遺した財産は、誰にどれくらい引き継がれていくものなのでしょうか。また、中には相続したくないマイナスの遺産もあるはずです。ここでは、相続に関する基本的な知識と、それに伴って注意すべき点を紹介していきます。 遺産はすべて、法定相続人に引き継がれるというのが基本的な原則...

自分が遺産の相続人となってはじめて、やらなければならないことの多さに気づきます。そして法律や税制などについて詳しくわからないので、途方にくれてしまいます。相続にまつわる複雑な業務については、弁護士をはじめとする各分野の専門家に早めに相談しておくと良いでしょう。それぞれの専...

吉田要介プロのその他のコンテンツ

Share

吉田要介プロのその他のコンテンツ