まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
吉田要介

依頼者の正当な利益を守るためにあらゆる可能性を追求する町弁

吉田要介(よしだようすけ)

ときわ綜合法律事務所

吉田要介プロのコラム一覧:知っておきたい交通事故処理の知識

交通事故の被害者になって弁護士に示談交渉を依頼する場合、何を基準にして選べば良いか悩むと思います。弁護士の経験値(スキル)ばかりに目を向けるのではなく、実際に会って話し、自分と相性が合うかどうかについてもきちんと見極めましょう。 日本には弁護士の専門認定制度はない 交通事...

交通事故は、直接的に身体や精神に大きなダメージを与えるものです。加えて、現場での対応によっては、さらなるダメージを負ってしまうこともあります。こうしたケースに至らないように、現場で決してとってはいけない行動を認識しておきましょう。 決してその場で示談に応じないことが鉄則...

さまざまな状況下で起こる交通事故ですが、トラブルの解決には一定の道筋があります。事故発生直後から、治療・示談交渉に至るまでに行うべきことを整理しながら、思いがけない事故に対する処理を予め確認しておきましょう。 交通事故の現場では、まず確実な届け出と状況の確認から 交通事...

予想もしなかったタイミングで、交通事故は不意に起こります。そのとき、まず何をすれば良いのか。普段から知識として知っておけば、冷静に対処できるはずです。ここでは、後々のトラブルを回避すべく、現場で行うべきことを紹介していきます。 交通事故が発生したら、まず人命最優先の行動...

交通事故の紛争解決に向けて弁護士に依頼するには、どのような書類を用意しておけば良いのでしょうか。事故からある程度時間が経ってから、弁護士に依頼する場合には、次にご紹介するような資料があると、弁護士もより的確なアドバイスをすることができますので、準備しておくべき書類の数々の詳...

交通事故の示談交渉では、被害者・加害者の意見が食い違うことも多く、合意に至らないケースがあります。示談がまとまらなければ、調停もしくは裁判へ持ち込まれますが、それ以外にも「審査」と呼ばれる解決方法もあります。状況によって利用可能な「審査」の詳細を知っておきましょう。 交...

交通事故の被害者となってしまった場合、慰謝料や損害賠償金などを示談金として受けとることができます。この示談金の金額は、事故の状況や被害者の年齢・職業などによって大きく異なってきます。特に注意が必要な後遺障害の認定を含め、早めに弁護士に相談しながら金額を見極めることが重要で...

交通事故に巻き込まれてしまった上、加害者側との交渉で揉めてしまうというケースがあります。このような場合には、交通事故案件に注力する弁護士か、公的機関である紛争処理センターに相談すべきです。両者の解決に至るまでのスタンスの違いなどから、自分のケースに応じた相談をしてください...

交通事故における過失の割合は、裁判になれば裁判所が決めますが,裁判になる以前の段階では,保険会社の主張を前提にすることが多いです。被害者側にまったく過失のない交通事故を、俗に「もらい事故」などと言います。もらい事故で示談交渉を弁護士に依頼する場合、弁護士特約が役立ちます。...

誰しもが、全く予期せずに交通事故の被害者になってしまう可能性があります。不幸にも被害者になってしまったら、示談交渉の際には弁護士に依頼することも検討しましょう。後々の交渉で優位に立てることがあります。 交通事故の示談交渉は被害者本人もできるが、困難な道 平成27年中、日...

吉田要介プロのその他のコンテンツ

Share

吉田要介プロのその他のコンテンツ