マイベストプロ千葉
中村諭

家族の笑顔を支援する住宅ローンのセカンドオピニオン

中村諭(なかむらさとし) / ファイナンシャルプランナー

住宅ローンソムリエ(R)

コラム

ローン申込書の代理記入はOK?

2020年3月26日

テーマ:住宅ローン

コラムカテゴリ:お金・保険

【質問】
申込書は記入欄が多くて分からない言葉も目立つし、忙しくてやりたくないのですが、仲介業者にすべて書いてもらってはダメですか?

【回答】
銀行の立場に立って考えてみてください。

もし、住宅ローンの契約者が返済不能になった時に、「契約書は自分は書いていない」と言われたら、銀行は裁判を起こしても残金の回収が困難になります。
そこで、契約書には契約者本人に記入を求め、更に押印した印鑑が確かなものであるという証として、『印鑑証明書』の提出を求めるのです。

また何といっても住宅(住宅ローン)は人生最大の買い物ですから借りる金額が多ければ当然、確実に返済できる見込みをつけておかなければなりません。
返済期間を何十年にするか、返済方法はどうするかなどということが大事なポイントになります。

こうしたことは、借入をする本人がすべて決めなくてはなりません。

借り入れる本人の考え方がはっきりと固まっていないと決められないことは他にもたくさんあります。
購入住宅の所有者の名義は世帯主単独にするか、それとも奥様との共有名義にするのかといったことも、その一例です。
こうした大事なことは他人には決められません。

このような事情がありますので、借入申込書はどうしても借入れる本人が記入する必要があるのです。

----------
↓ 弊社HPも是非ご覧ください ↓   
https://www.shinkyo-jp.com/【住宅ローンソムリエ(R)】
↓ ご相談はこちらからどうぞ ↓
https://www.shinkyo-jp.com/contact/
----------
《貸金業登録》
ローンの借り換え・銀行交渉を事業として行うには、貸金業免許の取得(金融庁への登録)が必要ですが、
弊社は、金融庁登録済み[千葉県知事(1)第03882号]のFP事務所ですので、安心してご相談ください。
無登録で行うと「10年以下の懲役」か「3,000万円以下の罰金(法人は1億円以下)」が科されるようです。
弊社は「住宅ローン・アパートローン」に関して、法律を正しく遵守したいFPや税理士さんからのご依頼も多数ある、「融資媒介を業とする」FP事務所です。

この記事を書いたプロ

中村諭

家族の笑顔を支援する住宅ローンのセカンドオピニオン

中村諭(住宅ローンソムリエ(R))

Share

関連するコラム

中村諭プロのコンテンツ