まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
石田大祐

相続相談と不動産投資専門の不動産コンサルタント

石田大祐(いしだだいすけ)

マリブ不動産コンシェルジュ

コラム

不動産無料査定の『落とし穴』-その2

不動産売却の裏側

2014年9月19日 / 2015年2月6日更新

こんにちは。
『不動産会社が絶対教えない!不動産を高く売る術』を
『1人でも多くの人にお伝えしたい』と切望している
『マリブ不動産コンシェルジュの石田です。

今回は、前回の無料査定の落とし穴-その1の続きになります。
前回からお読みになる場合は、↑をクリックしてご覧下さい。

突然ですがココで問題です!
所有する自宅や土地やアパート・マンションなどの不動産を
売却しようとする時、平均して何社に無料査定を依頼すると思いますか?
私は今まで、東京の中心地~首都圏の田舎町まで、
色々な場所で『不動産と市民性』を見てきましたので、
今日は少し、街ごとの傾向をお話ししてみたいと思います。

経験上、多くの不動産会社が営業するような都市部では、
2社~4社の不動産会社に無料査定を依頼する傾向がありますが、
それ以外の街や地方では、1社または2社に声を掛ける人が多いようです。
なぜでしょう?
実は、都市部の不動産を所有しているオーナーは、
『不動産を少しでも高く売りたい』と考えている人が多いです。
そのため、1社・2社の査定額だけでは物足りず、
3社・4社と次々に査定を依頼することになります。

 それとは反対に、都市部を離れた街にお住まいの方は、
『この土地(マンション)は○○不動産から買ったから』とか、
『○○不動産は友達の知り合いだから』とか、
『○○不動産が一番近いから』とか、
『○○不動産は一番古いから』等の理由によって、
不動産会社を選んでいます。

親御さんや祖父母が上記のようなセリフを言っているのを
聞いたことある人も多いのではないでしょうか?
まさに、『始めから○○不動産に決めている』という状態です。

これらをまとめますと、
都市部の人は『査定額』を、
それ以外の街では『馴染み度』を重視していると言えます。

一見、どちらもその土地の市民性というか風土に合わせた
合理的な選び方のように見えますが、
実はどちらの場合も『大きな落とし穴』が隠されています。
この大きな落とし穴に気づかずにいると、あなたも大損すること間違いナシでございます。

ちょっと長くなってきましたので、
不動産査定の『大きな落とし穴』についてさらに深い部分を、
次回お話ししたいと思います。


またお会いしましょう。
千葉県~東京都23区内の不動産をより高く売却したいなら
『マリブ不動産コンシェルジュ』にお任せ下さい。
震災直後の混乱が続く浦安で、
液状化したマンション・土地・戸建ての売買を即座に成功させ、
浦安の不動産流通を復活に導いた伝説の営業マンが、
あなたの不動産売却を成功に導きます。

『不動産会社が絶対教えない高値売却術』で、
あなたの不動産が30万円、50万円、いえいえ、
300万円、500万円以上も高く売れてしまうかもしれません。

高く売れた分で海外旅行に行くのもよし、
車を買い替えるのもよし、子供や孫の学費に充てるのもよし、
世のため人のため自分のためにお役立て下さい。
ご相談のお問合せはこちらのページからどうぞ。

千葉・浦安・船橋の不動産相談室
マリブ不動産コンシェルジュ
電話番号:043-296-6327
受付時間:平日9:30~19:00、土日:9:30~17:00
※コンサルティング中、通話中等は留守電に切り替わります。
 恐れ入りますが、後ほど折り返しさせて頂きますのでしばらくお待ち下さい。
不動産無料査定の『落とし穴』-その3はこちらから

この記事を書いたプロ

石田大祐

石田大祐(いしだだいすけ)

石田大祐プロのその他のコンテンツ

Share