まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
佐藤陽

家づくり資金コンシェルジュ

佐藤陽(さとうよう)

FPオフィスケルン

お電話での
お問い合わせ
047-315-1239

佐藤陽プロのコラム一覧:住宅ローンを借りる

昔に比べれば離婚することが珍しくないのか、シングルマザー、シングルファザーが増えているようです。もちろん離婚だけではなく、死別もありますので、事情は様々ですが。そして相談者の中にもシングルマザーの方が少なくありません。シングルマザーということだけでは驚きもしません。...

「マイホームは欲しいけど、住宅ローンが払えるか心配」というその気持ち、良くわかります。僕が住宅ローンを借りたのは今から10年前でした。当時、ハウスメーカーに勤めていて、住宅ローンを専門に扱う部署に所属していました。たくさんのお客様の住宅ローンの申し込みを扱う仕事柄、住...

家づくりプランナーのさとう ようです。 9月に住宅ローン金利は5か月ぶりに上昇しました。この約半年間は下がり続けてきたので、久しぶりの上昇です。フラット35で9割以下の融資枠の金利は1.02%ですので、上昇したといってもまだまだ低金利です。 今後、住宅ローンの金...

 住宅ローン 気になるのはやはり金利 住宅ローンを借りなければならないとき、やはり気になるのは金利です。当然のことです。これから最長で35年間の返済をするために付きまとうコストです。少しでも安いに越したことはありません。タイミングによってはキャンペーンなどで条件の...

春から夏にかけて、住宅ローン金利も上昇傾向にありましたが、9月は一旦落ち着いた感じになっています。住宅ローンは長期に渡る借金ですから、金利も低いに越したことはありません。やはり金利の安い銀行が気になるのは当然の心理です。でもちょっと気を付けた方が良いポイントがあります。...

住宅ローンの審査を出したらお断りの連絡がきた。だとしても家の計画をあきらめるのはまだ早いです。審査に落ちてもその原因が予測できれば、別の銀行で住宅ローンを借りられるかもしれません。 申込みから断りの回答までの日数が短い場合 もし審査の申込をしてから、断りの回答...

もし銀行で住宅ローン審査の「承認」が得られたら、次に気になるのが変動金利か?固定金利か?といった借り方になるのではないでしょうか? 固定金利のメリットは変動金利のデメリット それぞれのメリット、デメリットを考えれば当然ながら、お互いのメリットがデメリットになります。...

マイホーム購入に必要な自己資金ってどれくらいでしょうか?かつて住宅金融公庫が住宅ローンの主流だったころ、自己資金は2割必要と言われました。なぜなら住宅金融公庫の融資では8割までしか貸してもらえなかったから。今、公庫の後釜のフラット35は原則9割までです。(一応10割も扱うこ...

マイホーム購入に向けての関門に住宅ローンの審査があります。住宅ローンの申込をお手伝いしているとお客様から「こんなにたくさんの書類が必要なの?」と驚かれることがあります。収入を確認する書類に始まり、不動産の書類等々、更に申込書関係の書類もいろいろあります。驚かれるのも...

ハウスメーカーや不動産会社の営業マンが住宅ローンや資金計画の話をする時に当たり前のように35年返済で計算します。なぜならその方が毎月の返済額が少なく見えるから。3000万円を20年で返すのと35年で返すなら、35年の方が毎月の返済額は少なくなります。同じ金利(1.6%)だったとし...

 住宅ローンを借りるなら知っておきたい 「家を建てたいな」「マンション買いたいな」と思い始めたら、ちょっとこれまでの生活を振り返ってみましょう。あなたがもし自己資金のみで物件を購入するならこのコラムは参考になりません。少しでも住宅ローンを借りなければいけないな...

これから住宅ローンを借りようと考えたとき、調べるのは主にこんなことではないでしょうか?・ 金利 ・ 諸費用・ 返済額人によってはもう少し細かいことも調べるかもしれません。でも恐らく見落としているポイントがあります。それは・・・・・・退職時の残高...

佐藤陽プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤陽のソーシャルメディア

rss
ブログ
2017-12-31
facebook
Facebook

佐藤陽プロのその他のコンテンツ