マイベストプロ愛知
鈴木敏広

長く愛される住まい作りにこだわる一級建築士

鈴木敏広(すずきとしひろ) / 一級建築士

まちの大工さん 鈴木工務店

うちのつくり方

『うちのつくり方』本論

私の工務店がなぜ「昔の家つくり方をしているか」その理由は大きく3つあります。

①住まいは特別なモノ。
毎日家族が生活のために『住まい』を使い、使用期間も長く購入金額も高い。そして何より『住まい』は完成品で売っておらず、契約してからつくるモノ。まだ、形になっていないものにお金を払うモノはそうありません。契約金を払ってから完成するまでには数カ月あります。施主と職人が現場を見ながら、一緒に考えて『住まい』をつくる事ができると考えています。

②工事中、変更したくなるのが当たり前。
設計図には全ての情報が描いてあるわけではありません。設計図だけではつくれないのです。工事中に気づいた事、変更できる事はたくさんあります。現場作業がある限り、つくりながら『住まい』の使い勝手を考える事ができますから、変更することもできるはず。その過程(家つくり)を施主の方にも体験してほしいと考えています。

③将来、リフォームし易いことを考える。
まちの大工さんでは、簡単な機械(職人が一人か二人で使える機械)と手道具で加工しているため、将来、現場でリフォームできます。多くの業者のようにほとんどを工場で加工してつくる工法ですと、現場ではリフォームはできないのでは?と思っているからです。

Share
その他のうちのつくり方

鈴木敏広プロのコンテンツ