マイベストプロ愛知
蛯原健治

次世代の経営チームづくりをサポートする専門家

蛯原健治(えびはらけんじ) / コンサルタント

EBIマネジメントオフィス

コラム

何のために1on1?

2023年12月6日

テーマ:組織づくり チームビルディング 事業承継

コラムカテゴリ:ビジネス

組織と仕組みづくりパートナー/中小企業診断士の蛯原健治です。
 社長がいちいち言わなくても、
 社員が勝手に動いて利益が2倍になる組織作りのコツをお届けします。


1on1は皆さん導入していますか?

*1on1とは、上司と部下との1対1の関わり 
 面談や声掛けなどのことです。


1on1は何のために皆さん導入しているのでしょうか?
私のお客様では、社員の定着、幹部社員の育成
という方が多いです。


確かに、社員が定着したり、幹部の育成にも効果があります。
もう一つは、組織の成長です。
チームビルディングが高まります。
チームビルディングとは、
個人の強みや長所を最大限に活かす組織作りのことです。


1on1では、相手の強みや長所を見つけたり、
活かすためにどうしたらよいかを考えてもらったり、
一緒に考えたり、フィードバックします。
これは、人材力を高めることにつながっています。


人材力は、個人個人の持っている強みや弱み、
長所や短所のことです。

強みや弱み、長所や短所につながる
それぞれの思考と特徴や行動の特徴も含まれます。

個人が持つ特徴を人材力(strength)と呼んでいます。


次に、1on1では、
組織の目標とつながった個人目標を設定してから始めます。
組織の目標とつながった個人目標を達成するためにでてくる、
問題解決を支援していくのが、1on1です。

この組織の目標とつながった個人目標を作る力が
組織力の高さを見極める一つです。


組織力とは組織が持つ構造を規定するものです。

例えば、
・経営理念やミッション、ビジョン、バリュー
・目標や目的、事業計画
・制度やシステム、ルール
・規範(明文化されていないものも含む)

このように組織を組織たらしめているものを組織力(structure)と呼んでいます。


次に1on1では、ティーチングやコーチングのスキルを使って行います。
上司のティーチング、コーチングスキルが高まれば上手くいきやすくなります。

関係力はコミュニケーションそのものであり、
1対1から多対多までを含みます。

相互の何らかの関わりを関係力(relation)と呼んでいます。


チームビルディングとは、
個人の強みや長所を最大限に活かす組織作りのことです。

それぞれの強みを活かして
チームや組織のビジョンや
目標を設定し
それを達成すべく周りと
コミュニケーションするということになります。


1on1を行うことで、チームビルディングが高まり、
組織の問題が解決していきます!


来年4月の新事業年度から、1on1を始めたい人は、
制度構築にかかる時間を考えると、
今から急ピッチではじめれば間に合うのではないでしょうか?


【無料個別相談受付中です!】

相談内容欄に『1on1導入相談』と記載いただければ幸いです。

お問い合わせ|EBIマネジメントオフィス |
▽ ▽ ▽
EBIマネジメントオフィス



【えびマガ】登録はこちらから
社長がいちいち言わなくても、社員が勝手に動いて利益が2倍になる
組織作りのコツが分かるメールマガジン
▽ ▽ ▽
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=cxwwAEv

この記事を書いたプロ

蛯原健治

次世代の経営チームづくりをサポートする専門家

蛯原健治(EBIマネジメントオフィス)

Share

関連するコラム

蛯原健治プロのコンテンツ

  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ愛知
  3. 愛知のビジネス
  4. 愛知の経営コンサルティング
  5. 蛯原健治
  6. コラム一覧
  7. 何のために1on1?

© My Best Pro