まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ山梨
三井倫実

介護事業支援のプロ

三井倫実(みついともみ)

三井社会保険労務士事務所

コラム

障害年金について⑩~認定日の特例~

障害年金

2013年12月25日

今回は障害認定日の特例についてです。
障害年金をもらうことができる程度の障害かどうかを判断するときは、ある一定の時点で障害の状態にあるかを判断することになりますが、その障害の程度を決める日のことを「障害認定日」と言います。
 この障害認定日は
(1)病気やけがになり始めて病院または歯医者さんで診察を受けた日から1年6か月が経過した日
(2)(1)の期間内にその病気やけがが治ったときは治った日
この(1)、(2)が原則となっています。
でも、病気やけがによってはこの(1)、(2)よりも早く障害認定日がくる場合があります。それが、次の8つのケースです。
①人工透析を受けている方は受け始めてから3カ月を経過した日
②人口骨頭または人工関節を挿入置換したときは、挿入置換した日
③心臓ペースメーカ、ICD(植込み型除細動器)または人工弁をそう直した場合は、その日
④人工肛門や新膀胱を造設したり尿路変更の手術を受けた場合はその日
⑤手や足を切断した場合はその日
⑥咽頭全摘出の場合は、全摘出した日
⑦在宅酸素療法を受けている場合は、受け始めた日
⑧脳血管障害により神経機能に障害を残している場合は初診日から6か月経過した日

このようにいつが障害認定日とされるのかも、その人の障害の状態や部位によっても様々です。障害の認定日や初診日の特定などで解らないことがありましたら是非障害年金請求の専門家にご相談ください。

この記事を書いたプロ

三井倫実

三井倫実(みついともみ)

三井倫実プロのその他のコンテンツ

Share

三井倫実プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0551-30-7795

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三井倫実

三井社会保険労務士事務所

担当三井倫実(みついともみ)

地図・アクセス

三井倫実プロのその他のコンテンツ