まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
山下輝雄

無添加住宅・健康素材の家づくりのプロ

山下輝雄(やましたてるお)

株式会社山下ホーム

コラム

間取りと階段の関係

家づくり

2018年7月30日

 2階建住宅の新築を検討する場合、家全体の間取りに大きく影響する階段の位置。
1階と2階をつなぐ導線でもある階段の配置を間違ってしまうと、各部屋を移動するのに不便であることに加え、間取りもどこか不自然になり、住みやすさにも影響します。
階段の位置を決めるポイントは、生活導線をシミュレーションしてみること。
外から玄関、階段を通って2階に行く場合や、リビングや洗面所、トイレなどから2階へ行く場合など、生活の中での導線を想像することで、暮らしやすい間取り、階段の位置がイメージできるはずです。

 広々とした空間を演出できる人気のリビング階段も、自身の生活スタイルに合わなければデメリットにもなるので注意が必要です。

この記事を書いたプロ

山下輝雄

山下輝雄(やましたてるお)

山下輝雄プロのその他のコンテンツ

Share

山下輝雄のソーシャルメディア

facebook
Facebook

山下輝雄プロのその他のコンテンツ