まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
土屋佳瑞

働く女性の能力、やる気を引き出すコーチングのプロ

土屋佳瑞(つちやかずい)

office AVANCE(オフィス アヴァンセ)

コラム

女性チームがどんどん力をつけるには....

コーチング

2014年5月1日

こんにちは。

富山の働く女性専門コーチ&
ライフオーガナイザーの土屋佳瑞です。



先日、久しぶりにバスに乗りました。

乗車しようとしてびっくり。
バスの中はほとんど、若い女性で
埋め尽くされています。


しかも終点につくまで
ずーーーーーーーーっとほぼ、全員が
大きな声で
おしゃべりに花が咲いていて

さすがに
「も、もうちょっと静かに....(^_^;)」
と感じずにはいられませんでした。



まあ、○十年前には 間違いなく私も同じように
友達と盛り上がっていたと思いますが

途中で乗ってきた男性が
とってもバツのわるそうにしていたのに
ちょっと同情してしまいました。





そもそも、女性はとても「共感性」が高く
さらに「コミュニケーション」能力にたけています。

ですので
思ったこと、感じたことをとにかく伝えたい!
そして気持ちを分かち合いたい!
そう思っています。




実は仕事の上でも 女性は
この欲求が いい状態で満たされていると
とても仕事がしやすくなります。


こちらのブログでご紹介したのですが
↓↓↓
http://ameblo.jp/coachsakurasaku/entry-11838201233.html


とても成績のいい、女性チームは

この「共感力」と「コミュニケーション力」を
チームワークに活かし、
「仲間と一緒に」目標を達成していきます。





個人的な勝ち負けが
そのまま 仕事のモチベーションに繋がる男性と比べ

チームの為に貢献できている、
仲間に必要とされている
ということが モチベーションに大きく影響する
女性の場合は

それだけ
仲間への信頼感を重要視します。



そのためには より多くのコミュニケーションを
とっていくことが大切なんですね。






あまりいい表現ではないのですが.

「金魚の○ン」(^_^;)って言葉がありますね。


ちょっと極端ですが
それもつまり「共感性が高い」ことの
ひとつの表れでもあります。





特に男性上司から見ると
理解に苦しむであろう、「何でも一緒に」の行動や
「やたらのおしゃべり」も

女性にとっては
より力を発揮できるチームを作り上げるための
一つの「手法」です。






その点を理解しつつ、
あからさまな「競争」をさせずに
メンバーで「協力」しあいながら 
全体の実力をあげさせていく。


男性上司に、こういう視点があると
きっと女性チームはさらに 成果をだすだろうなと
感じています。




この記事を書いたプロ

土屋佳瑞

土屋佳瑞(つちやかずい)

土屋佳瑞プロのその他のコンテンツ

Share

土屋佳瑞プロのその他のコンテンツ