まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
土屋佳瑞

働く女性の能力、やる気を引き出すコーチングのプロ

土屋佳瑞(つちやかずい)

office AVANCE(オフィス アヴァンセ)

土屋佳瑞プロのご紹介

働く女性の能力、やる気を引き出すコーチング(1/3)

土屋佳瑞 つちやかずい

整理収納を組み合わせた「モノと思考の整理術」で、働く女性をサポート

 働く女性はストレスフルです。独身時代は職場の人間関係や恋愛、結婚に悩み、結婚後は家庭と仕事の両立に奮闘する毎日…。特に子どもが小さい時期は自分の時間がほとんどなく、「独身時代と同じように働くのは無理」、「やりたいことがあるけど、今はまだ…」と何かを諦め、犠牲にしている人が多いようです。しかし、女性には男性にはない特性や才能があり、積み重ねたキャリアを寸断するのはもったいないこと。オフィス アヴァンセ代表の土屋佳瑞さんは、こうした働く女性の視点、そして自らのOL経験をもとにコーチングスキルを習得。女性のキャリアアップやプラス思考を促すレッスン、セミナーを開催しています。

コーチング(coaching)とは、自己実現や目標達成を図るコミュニケーションスキルのひとつ。対話を通してその人の才能や資質、経験などを100パーセント承認して自己肯定感を高め、自発的な行動へと促していきます。コーチングを受けるとコミュニケーション力が高まる、目標が明確になる、前向きになるといった効果が得られます。

 土屋さんがコーチングに興味をもったのは大手企業の社員だった2009年頃。転勤や異動を経て、後輩を指導する立場になり、職場のチームワーク向上のために“銀座コーチングスクール富山校”を受講。「問題ではなく、人に焦点を当て、どうありたいか?を描く視点」に感動し、交流分析も学び始めました。そして習得したスキルと視点で、もっと多くの働く女性や母親の力になりたいと思ったそうです。

「私が入社したのは男女雇用機会均等法が施行された1986年。まだ寿退社が主流の時代でしたが、私は結婚後も仕事を続け、長男出産後、社内初の育児休暇をとり、復帰しました。でも現実は過酷でした。保育園と小児科とスーパーを駆け巡る毎日で、子育てしながら普通に働くことの厳しさを痛感しました。近年は産休・育休が充実し、イクメンも増えましたが、多くの女性が仕事と子育ての両立に悩んでいます。そんな女性たちに、コーチングでもっと自分らしく、ポジティブに働いてもらいたいと思いました」

 土屋さんは2011年に独立。翌年からコーチとして、働く女性専門のパーソナルコーチングや出張セミナーのほか、インターネットを使った市民塾の講師としても活躍しています。また、整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーの資格も取得。「モノと思考の整理術」をテーマにしたセミナーも開催しています。

土屋佳瑞プロのその他のコンテンツ

Share

土屋佳瑞プロのその他のコンテンツ