まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ富山
舘林厚

住宅ローン相談のプロ

舘林厚(たちばやしあつし)

マネークラッセ(株式会社カルナ)

コラム

ネット銀行で資産運用

マネー

2017年5月13日

ネット銀行とは
ネット銀行とは店舗や支店などをほとんど構えず、インターネットでの取引をメインに扱う銀行のことをいいます。しかし都市銀行や地方銀行と同じようなサービスが受けられます。普通預金サービスや定期預金、外貨預金、振込、振替、残高照会、各種ローンなど基本的には同じですが、ネット銀行によっては住宅ローンの取り扱いがないなどサービスに違いがあります。また口座の入出金は提携先の銀行のATMやコンビニのATMなどで行います。自前の店舗やATMを保有していないか、最小限に抑えており、預金通帳の発行もしていないので、都市銀行や地方銀行と比べると人件費や物件費などのコストが低いです。このため預金金利が高めに、ATM現金引き出し手数料や振込手数料が無料あるいは少なく抑えられています。

ネット銀行の様々なサービス
最近では様々なサービスが充実していて、パソコンだけでなくスマホのアプリで残高照会や振込など出来ますし、証券口座と連携しているネット銀行もあります。銀行口座から証券口座へ資金を移動させなくても、銀行口座の残高が自動的に証券口座の資金に充当されます。
また自分名義の他の銀行口座から毎月一定額が自動で、しかも無料でネット銀行口座に入金されるサービスがあります。この定額の自動入金サービスを使えば、給振口座からの振込やATMで入金する手間や手数料が省けます。給振口座を都市銀行や地方銀行にして、ネット銀行で資産運用や各種支払いを振込でする場合、非常に便利なサービスです。

自分に合ったネット銀行を選び賢く活用
ネット銀行を活用すれば効率的にお金を管理出来ます。給振口座は会社から指定されることがあるので、給振口座や各種引落は都市銀行や地方銀行にして、これを生活口座とします。ネット銀行の口座を資産運用や預金専用口座にします。元本保証の定期預金や積立預金で資産運用される方は金利の高い銀行を選び、多少リスクがあっても積極的に資産運用をされたい方は投資信託や外貨預金の種類が豊富な銀行を選びます。その際は、定額自動入金サービスを活用すればお得で便利にお金を移動させられます。
ネット銀行によっても金利や手数料、サービスは様々です。別表でネット銀行を比較しているので参考にしてください。いったんお金の流れや仕組みをつくれば、その後は楽にお金を管理できます。将来のライフプランを考えて、教育資金や車購入資金、旅行資金など、目的別にお金を積立しても良いのではないでしょうか。

この記事を書いたプロ

舘林厚

舘林厚(たちばやしあつし)

舘林厚プロのその他のコンテンツ

Share

舘林厚プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0120-207-041

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舘林厚

マネークラッセ(株式会社カルナ)

担当舘林厚(たちばやしあつし)

地図・アクセス

舘林厚のソーシャルメディア

rss
rss
2018-07-30
facebook
facebook
google-plus
google-plus