マイベストプロ東京

コラム

3-1.新型コロナウイルス感染の日常的な防護は?

2020年3月26日 公開 / 2020年4月7日更新

テーマ:その他

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 働き方改革社会福祉士エアコン掃除

(1)外出を控える ①新型コロナウイルスが流行している地域を避ける。 ②流行期間中は親戚や友人との食事を減らし、できるだ け家で休む。 ③人員が密集している公共の場所、特に空気流通性の悪 い場所、例えば公共の銭湯、温泉、映画館、インターネッ トカフェ、カラオケ、デパート、駅、空港、埠頭、展示館 など。 (2)個人保護をしっかり行う ①外出にはマスクをつけなければならない。医療用マス クまたは KN95/N95 マスクを着用する必要がある。 ②手の衛生を常に保持する。公共の場所の公共物に触れ る機会を減らす。公共の場所から戻ってきて、咳が出たと きに手で覆い、食事の前、便をした後、手洗浄液や石鹸水 で手を洗うか、アルコール成分を含む洗浄液で手を拭く。 手が清潔かどうか判断できないとき、口、鼻、目に手を触 れないようにする。くしゃみや咳の場合はティッシュや肘 などで鼻や口を覆う。 (3)良い衛生習慣を保つ ①居室によく窓を開け、よく風を通す。 ②家庭のメンバーはタオルを共用さず、家庭用品を清潔 に保ち、洗濯物をよく干す。 ③勝手に痰を吐かず、鼻と口が分泌物をティッシュに包んで、蓋付きのゴミ箱に捨てる。 ④野生動物に接触したり、購入したり、食べたりしない こと。生きた動物(家禽、海産物、野生動物など)を売る 市場に足を運ばない。 ⑤体温計、医療用マスク、KN95/N95 マスク、家庭消毒 用品などを準備する。

遠隔画像診断による画像診断管理加算算定が可能な
「遠隔画像診断支援サービス」を提供するパイオニア
ViewSend ICT株式会社http://viewsend-ict.co.jp

この記事を書いたプロ

嗣江建栄

遠隔医療で世界を変えるICT企業代表

嗣江建栄(ViewSend ICT株式会社)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

嗣江建栄プロのコンテンツ