まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
関博文

不動産の幅広いニーズに応える不動産総合管理業者

関博文(せきはくぶん)

株式会社東拓企画

お電話での
お問い合わせ
03-3503-1427

コラム

防火対象物点検報告制度とは

防火対象物

2012年6月5日 / 2012年6月6日更新

みなさん、お変わりございませんか?

マイベストプロ弊社のコラム欄をご覧頂きありがとうございます!

さて今回は業務に関する「防火対象物点検報告制度」について簡単にご紹介させていただきます。

1.制度発足の経緯
 平成13年9月1日に発生した、新宿区歌舞伎町ビル火災(小規模な複合ビルで発生したにもかか わらず44名の死亡者を出し、昭和57年のホテルニュージャパン火災での死亡者33名を上回る大惨 事でした)を受けて、消防法が大幅に改正され平成15年10月から実施されました。

2.意義
「自分の建物は自分で守る」という防火管理に対する自主性を高める。

3.防火対象物点検報告の流れ
 ①点検の依頼
  建物のオーナー、事業者(入居しているテナント)の代表者は、点検資格者に依頼。
  ※建物のオーナーはビルの共用部分について、事業所の代表者は使用している事業所内部分につ いて、それぞれ個々に依頼。
 ②点検実施の報告書の作成
  点検資格者は、防火管理上必要な業務等が基準に適合しているかを点検し、その結果を報告書に まとめます。
 ③報告書の提出
  建物のオーナー、事業所(入居しているテナント)の代表者は、その報告書を年1回消防署長に 報告します。

4.点検報告を必要とする防火対象物
   詳細は以下をご覧ください。  
  http://www.fesc.or.jp/ihanzesei/owner/index02.html#anchor02
  所轄の消防署へお問い合わせいただいてもよろしいと思います。  
   
5.最後に
 「消防用設備等点検報告制度」とは別物です。
 消防用設備等点検報告制度は、建物のオーナーが点検資格者に依頼して、建物全体の消防用設備等(屋内消火栓や消火器等)を点検して報告するものです。
  よって、建物のオーナーにある程度任せておけば良いのですが、こちらは防火管理上必要な業務 についての点検・報告になりますので、建物のオーナーはビルの共用部分について行い、事業所  (入居しているテナント)の代表者は、その使用している事業所内部分について、それぞれ個々に 行う事となります。
  ですから、毎年消防用設備の点検を行っていても、防火対象物の定期点検報告は行わなければな らないのです。しかも、個々の事業所の代表がです。

  弊社でも点検資格者がおりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

  株式会社東拓企画  担当:鈴木康広
  TEL 03-3503-1427
  http://www.totakukikaku.jp
 

この記事を書いたプロ

関博文

関博文(せきはくぶん)

関博文プロのその他のコンテンツ

Share

関博文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3503-1427

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

関博文

株式会社東拓企画

担当関博文(せきはくぶん)

地図・アクセス

関博文のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2017-04-20
facebook
Facebook
google-plus
Google+

関博文のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2017-04-20
facebook
Facebook
google-plus
Google+

関博文プロのその他のコンテンツ