まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
安東隆司

海外ETF・相続専門家の資産運用管理コンサル、RIA

安東隆司(あんどうりゅうじ)

おカネ学株式会社 Reliable Investment Advisors Japan Co.,Ltd(英文名称 略称 RIA JAPAN)

お電話での
お問い合わせ
03-3668-2775

安東隆司プロのコラム一覧:所長解説のおカネ学♫

金融庁の長官が7月17日に交代し、監督局長であった遠藤俊英氏が新長官となりました。前任の森信親長官は様々な金融機関の問題点を指摘し、投資家の資産形成のために役立つメッセージを発信してきました。任期を終える直前にも投信の運用損益で約46%の顧客が損失を抱えている点を指摘しました。また...

メルカリ上場が話題となり、IPO(新規公開株)について注目が高まっています。「勝率が8割以上」とも言われるIPO投資はどのくらい儲かるか、そもそもIPOとは何か等を今回は解説します。また、富裕層はIPOにどう関わっているのかを元プライベート・バンカーの視点で紹介します。■IPO投資...

ある銀行が成功報酬型のラップ商品を発売しました。成功報酬は運用が成功した場合に発生しますが、成功報酬型ラップ商品には成功報酬だけではなく、実際には多くの投資家が意識していないコスト(信託報酬)が発生します。今回はより深く成功報酬型ラップを知るためのポイントを解説します。...

サブリース事業者の倒産で、ローンの返済に不安を抱える不動産オーナーが増えています。筆者はメガバンク勤務時代に長年、アパート、ビル事業の融資審査の責任者をしてきました。不動産担保で融資を受ける際に事前に知っておくべきサブリースの基礎知識を解説します。■不動産投資は簡単...

金融機関が不動産ローン付けをしたシェアハウス運営会社2社が破産しました。金融機関はローンの推進をする立場にある「販売者」でもあります。メガバンク勤務時代に融資の責任者を務めた筆者が、不動産投資で融資を受ける前に、チェックして欲しい不動産物件のポイントを解説します。■...

米国ではFacebookにおける個人情報の漏えい問題が起こり国内でも話題となりました。これとは対象的に保有金融資産100万ドル以上を顧客に持つ「プライベート・バンカー」は、顧客情報の管理に対する感覚が非常に高いことが特徴といえるでしょう。■顧客情報が語られない、プライベート・バン...

iDeCo(個人型確定拠出年金)の初期設定で、予め投信を設定しようという動きが起こりつつあります。ある銀行は2018年5月から確定拠出年金の初期設定を「定期預金」ではなく「投資信託」に変える方針を表明しました。証券会社にも追随の動きが起こるでしょう。米国の確定拠出年金では7割が投...

企業においてもプライベート・バンキング(PB)部や富裕層部門を設置する場合が増えてきており、プライベート・バンカーの認知度は以前よりも高まってきました。しかし実態はただの「販売者」である場合も多いでしょう。富裕層が選ぶプライベート・バンカーの共通要素には「聞くこと」「親身な説明...

ETFはここ10年で革命とも言える金融商品といえます。日本銀行が毎年6兆円をメドにETFを買っている事実がありますが、日本の投資家には依然としてあまり馴染みがあるとは言えません。1000名以上が参加した国際会議で、ETFの世界的権威が「投資家がETFに投資する6つのメリット」を示しました。...

貯蓄・資産形成をしたいなら天引きの自動引き落としがオススメです。天引き後のお金は「自由に使えるお金だ」と無意識的に分類するためです。これは行動経済学では「メンタル・アカウンティング(心の会計)」と呼ばれる効果です。毎月積立てに回した部分は、「毎月積み立てている」と感じません。...

・子供の教育資金に、「教育ローン3.475%」を借りている・生活費の不足を補うために。「カードローン12.00%」を使っている・クレジットカードの支払いが苦しいので、「リボ払い15.00%」を使っている。・リフォームを行うために「リフォームローン4.975%」を借入する住宅ローンの繰り...

ある1日の相場の急落によって、投じた額の約9割が失われたとしたらどう感じるでしょうか?東証に上場しているものだから安心と、そのリスクの大きさに気付いていなかった人 も多かったと思われます。■東証上場 ETN  上場廃止で約 9 割損失東京証券取引所に 2015 年 3 月に上場し...

日本ではロボティクスが投資テーマとして注目されています。IT分野に関連する「CAMBRIC(キャンブリック)」という言葉をご存知でしょうか?米国の市場関係者の間ではそのロボティクスを含むCAMBRICカテゴリーが注目されています。IoTやデジタル技術のいわゆる「第4次産業革命」の中核を成すカテゴ...

RIA JAPAN おカネ学株式会社代表の安東隆司です。著書、「個人型確定拠出年金iDeCo プロの運用教えてあげる!」のテーマは1) 個人型確定拠出年金= iDeCo(イデコ)2) 資産運用のコツ  です。  ここでは 資産運用のコツの部分にフォーカスしご案内します。本書のほと...

富裕層はグローバルに運用を展開しています。為替が円高に振れた場合でも合理的に為替差損を活用する方法があります。■円高の為替差損の対処法とは?円高で為替差損を含んでいる場合に、その為替差損にあたる部分を「損益通算」できる可能性があります。外国株式等(海外ETFや外国株式...

安東隆司プロのその他のコンテンツ

Share

安東隆司プロのその他のコンテンツ