まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
前田純

豊富な選択肢で不動産売却をサポートする専門家

前田純(まえだじゅん)

有限会社ライフ住販

コラム

建物保存登記とは

建物保存登記
所有権保存登記(保存登記ともいう)は、家を新築してまだ登記をしていない建物を
はじめてなされる登記の事です。
所有権保存登記をすることにより、その建物の所有者を明確にし、第三者に対抗
できるようにします。
これが、登記識別情報で従来のいわゆる権利証にあたるものです

建物保存登記に必要な書類

①登記申請書
②所有者の住民票
③住宅用家屋証明書 ※1
④表示登記済証
必要書類は、各管轄の法務局によって異なりますので、司法書士や法務局に確認が
必要です。
※1住宅用家屋証明書 (減税を受けるため)この書類を添付すると登録免許税を軽減
することが出来ます。建物を自分の住居として使用する場合等、一定の要件があります。

登録免許税が通常4/1000が1.5/1000となります。
建物評価額1,500万円の場合6万円→軽減措置後2.25万円
※別途、司法書士の報酬がかかります。

保存登記に先立って表示登記がなされていることを要します

建物表題登記(表示登記ともいう)が必要です。
建物の所在地やその建物の構造・床面積等を登記簿に記載する表示の登記を行います。
土地家屋調査士に依頼します。

司法書士、土地家屋調査士をご存じでない方には、弊社でもご紹介いたします。
※地域によっては、ご紹介できない場合もありますので予めご了承ください。

不動産有効活用、購入売却のご相談
お問合せはこちらまで
有限会社ライフ住販  前田 純
〒194-0013東京都町田市原町田2-8-2 IS21ビル1F
℡042-721-6630 Fax042-721-8390

この記事を書いたプロ

前田純

前田純(まえだじゅん)

前田純プロのその他のコンテンツ

Share

前田純プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-721-6630

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

前田純

有限会社ライフ住販

担当前田純(まえだじゅん)

地図・アクセス

前田純プロのその他のコンテンツ