まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
井川治久

受験を制する英語で難関大学合格へ導く英語講師

井川治久(いかわはるひさ)

井川塾・受験英語学院

お電話での
お問い合わせ
03-3956-5010

コラム

医学部入試の予想英単語コラム (006~009)

【医学部、薬学部受験】英語苦手、塾

2015年10月18日 / 2016年10月8日更新

医学部に限らず、難関大学に出る英単語を、研究!

今回も、医学部に出るテーマについて、一緒に学んでいきましょう!

◆ Regular exercise , together with diet , is an essential (   )
  for improving an unhealthy cholesterol profile .

(1) injection
(2) infection
(3) inoculation
(4) inflammation
(5) ingredient

◆injection は、「注射」「注入」 という重要語。
  receive an injection of insulin と言えば、「インシュリン(インスリン)の注射を受ける」。
  (=receive an insulin injection と、簡潔にも言える。)
◆infection は、「感染症」「感染」。これは、よく出るので、知っていますね。
  treat a skin infection と言えば、「皮膚の感染症を治療する」。
  contact infection と言えば、「接触感染」。 * contagion という同意語も、忘れずに!
◆inoculation は、「予防接種」。やや難の単語なので、もしできたら覚えておこう!
  ただし、次の例文は、訳せるようにはしておくとよい。ほぼ誰もが、経験している事だから。
  * I was inoculated against measles as a child .
  * be inoculated against ~と言うと、「~の予防接種を受ける」。
     (◆be vaccinated against ~も、同意表現。)
   ◆measles は、「はしか」。★病名は、「単数扱い」であることにも注意。
   ◆as   a child は、「子供の時」というよく出る表現。
◆inflammation は、「炎症」。
  ちなみに、inflamed は「形容詞」で、「炎症を起こした」「赤く腫れた」の意。
  ◆irritated 「ひりひりする」「炎症を起こした」のほうが基本的な単語。
    「いらいらした」 という意味は、受験の常識!
◆ingredient は、「成分、材料」「構成要素」という意味の重要語!
  [イングリーディエントゥ] のように読む。発音を、電子辞書で確認しよう!

上記の問題文に、ingredient を入れると、 (★この部分については、教室で、質問を受けます。)
・・・・・・「定期的な運動が、食事療法とともに、不健康なコレステロールの分析値を改善するための不可欠な要素である。」
のようになります。

(レクチャラー:井川治久)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●井川塾・受験英語学院 :
http://www.geocities.jp/tqhxy138
とことん面倒を見ます! 遠方からの通塾も、歓迎します。
いま、入塾のチャンス。まずは、体験授業に、どうぞ。

この記事を書いたプロ

井川治久

井川治久(いかわはるひさ)

井川治久プロのその他のコンテンツ

Share