マイベストプロ東京
高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子(たかはしかずこ)

フェリシア ラボ

コラム

◆衣替え時期にやっておきたい洗濯のコツ2013

2013年9月7日 公開 / 2014年9月27日更新

テーマ:片づけ上手のコツ3

片付けプロモーターの高橋和子です

9月。そろそろ、夏服のメンテナンスを兼ねて
衣替えの下準備を始めましょう

なんといっても、衣替えの前にやるのは
洗濯ですよね。

洋服を次のシーズンまできれいな状態で
保つには、洗濯機にポンと放り込んで、ガラガラ回してOK…
というワケにはいきません。
そこで、衣替え時期にやっておきたい洗濯のコツをまとめてみました



1:衣類を洗う時、洗濯表示を必ずチェック

水洗い可?洗剤は?エンソサラシ?中性洗剤?手洗い?洗濯機?など
表示をチェックして、洗いましょう。

洗濯表示をチェックせずに洗って、失敗して着られなくなった
経験がありませんか?適正な洗濯法でないと、縮みや色落ち・
風合いがそこなわれますので大事なチェックポイントです。

2:夏の衣類は、皮脂の汚れだけではなく、汗ジミにも注意

キチンと落していないと、黄ばみ・シミ・カビ・虫食いの
原因になります。

皮脂汚れや汗ジミには、シミの衣類の下に乾いたタオル敷き、
洗濯表示に合った、洗濯洗剤や中性洗剤を歯ブラシにつけて、
軽くポンポンと、たたきながら液を浸透させます。

シミが取れたら、タオルで上から軽くたたいて、残ったシミを
取り、その後、洗濯をします。

3:水着は脱いだら必ず水ですすいでおく

プールなら塩素で、海なら海水や砂で水着は汚れています。
水着は、脱いだらすぐに水ですすいで汚れを落とす事が
生地を傷めないために大事です
スポーツクラブでスイミングした後も同じです

家に持ち帰ったら、サンオイルや日焼け止めローションが
付いている場合は、中性洗剤の原液を浸け置きして、
手洗いします。

洗濯機で脱水するのではなく、タオルで水分を取れば
型崩れしなくて済みます。

大好きな洋服を来シーズンまで守るためにも衣替え時期の
洗濯を丁寧にしたいですね。

「衣替え時期、3つの洗濯法」こちらもご覧ください
http://mbp-tokyo.com/felicia-lab/column/19794/

生活コラムニスト:高橋和子



■片付け苦手な人でも講師になれる
実践的片付けプログラム
お申込み・お問い合わせはコチラをクリック
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


■NEW!表参道校で講師しませんか?
講師になりたい!講師の実績を増やしたい!
そんな方に、オススメです
お申込み・お問い合わせはコチラをクリック
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓


■整理収納・片付け・エコ掃除・子どもを伸ばす片付け講座
セミナー講師のフェリシア ラボHP
お申込み・お問い合わせはコチラをクリック
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
http://www.felicia-lab.jp

■フェリシア ラボ Facebook ページにいいね!をお願いします↓
http://www.facebook.com/felicialab.takahashi

■高橋和子 twitter  フォローミー↓
http://twitter.com/felicialab3

■朝日新聞運営協力サイト マイベストプロ東京に掲載中 
http://mbp-tokyo.com/felicia-lab

この記事を書いたプロ

高橋和子

女性の心強い味方になる整理収納・大人片づけインストラクター

高橋和子(フェリシア ラボ)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧