まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
小林正樹

社団・財団法人のプロ

小林正樹(こばやしまさき)

税理士法人ケイシーシー

コラム

一般法人の課税取扱い

移行法人・一般法人編

2017年10月12日

 毎度、コラムをご覧いただきありがとうございます。
公益社団法人・財団法人、一般社団法人・財団法人の
トータル支援をさせていただいております税理士法人ケイシーシーの小林です。

 前回(2017年10月5日)は、一般法人の区分についてお話しさせていただきました。
 今回は、公益社団法人・公益財団法人・一般社団法人・財団法人(移行法人含む)の
課税の取扱いについて、お話しさせていただきます。
一般法人はその区分により税務上の取扱いがかわります。
一般社団法人・財団法人(移行法人含む)は、法人設立の際、課税方法
(収益事業課税又は全所得課税)を考えられ、定款を作成されたと思います。

 では、これから一般社団法人・財団法人設立のご検討をされている方は、
収益事業課税・全所得課税の違いって!?
と思われるかもしれませんので、ここで説明させていただきます。


一般法人の課税の取扱い


課税取扱

法人税法上の収益事業(34事業)


   (1)物品販売業 (2)不動産販売業 (3)金銭貸付業 (4)物品貸付業 
  (5)不動産貸付業 (6)製造業 (7)通信業 (8)運送業 (9)倉庫業 
  (10)請負業 (11)印刷業 (12)出版業 (13)写真業 (14)席貸業 
  (15)旅館業 (16)料理飲食業 (17)周旋業 (18)代理業 (19)仲立業 
  (20)問屋業 (21)鉱業 (22)土石採取業 (23)浴場業 (24)理容業 
  (25)美容業 (26)興行業 (27)遊技所業 (28)遊覧所業 (29)医療保健業 
  (30)技芸・学力教授業 (31)駐車場業 (32)信用保証業 
  (33)無体財産権の提供業 (34)労働者派遣業


収益事業課税とは


 収益事業(上記34事業)から生じた所得に対して法人税が課税されます。

ただし、これらの事業であっても、公益社団法人・公益財団法人の公益目的事業に
該当する事業は、収益事業から除かれ、また公益法人等が受け入れる会費、
寄附金及び補助金は原則として収益事業に該当しません。
一般社団法人又は一般財団法人は、非営利型法人が収益事業課税となります。


全所得課税とは


 普通法人の全所得について課税されます。



 ご不明な点等がございましたら、お気軽にご連絡ください。


●静岡県、最東端の熱海市・伊東市から最西端の湖西市まで、
50社以上の社団・財団様のお手伝いをさせていただいております。
法人の運営、会計、税務についてのご質問、ご相談、ご依頼等々は、
こちらのお問い合わせフォームよりお願いします。

●ケイシーシーのホームページ http://kcc-japan.com/

●ケイシーシーのfacebook https://ja-jp.facebook.com/kcc.japan

●公益法人インフォメーション https://www.koeki-info.go.jp/

この記事を書いたプロ

小林正樹

小林正樹(こばやしまさき)

小林正樹プロのその他のコンテンツ

Share

小林正樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0538-42-9051

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林正樹

税理士法人ケイシーシー

担当小林正樹(こばやしまさき)

地図・アクセス

小林正樹プロのその他のコンテンツ