まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ静岡
小林正樹

社団・財団法人のプロ

小林正樹(こばやしまさき)

税理士法人ケイシーシー

コラム

公益認定法人の特定費用準備資金活用!!

公益認定法人編

2018年10月12日

 毎度、コラムをご覧いただきありがとうございます。
公益社団法人・財団法人、一般社団法人・財団法人の
トータル支援をさせていただいております税理士法人ケイシーシーの小林です。

 公益改革より約5年、内閣府より、公益法人の会計に関する課題の検討結果が
出てきております。
平成29年度公益法人会計に関する諸課題の検討結果について(平成30年6月15日)
にて、公益法人様、特に収益事業の無い(公益目的事業及び法人会計のみ)法人様に
役立つ内容をご紹介いたします。
 弊社のお手伝いさせていただいている法人様へは、特定費用準備資金及び
資産取得資金への積立を利用して、収支相償・遊休財産の保有限度額に
対応しております。


特定費用準備資金の要件


 [1] 将来の費用支出の増加が見込まれる場合
     ⅰ) 新規の公益目的事業を行う場合
     ⅱ) 既存の事業ではあるが、その規模を拡大して行う場合

 [2] 将来の費用支出の増加は見込まれないが、財源となる収入の減少が
   見込まれる場合


特定費用準備資金の明確化措置及び弾力化措置(内閣府資料より転



特定費用準備資金の明確化措置


 上記要件[2]の積立を行うにあたり、法人の理事会、評議員会又は社員総会等で、
現状、事情を踏まえた説明をし、資金が必要となる理由の説明も必要です。
また、合理的な期間(最長5年)であることが必要です。

 補助金を受けて公益目的事業を行う公益法人様は、[2]の活用をお勧めいたします。 
是非、特定費用準備資金を活用し、公益法人の運営を行ってほしいと考えます。
別表C(5)の作成、計画の構成等、ご不明な点がありましたら弊社までご連絡ください。


特定費用準備資金を積立てる手続について


 1. 理事会決議を必ず受ける
      ・ 剰余金の確定が決算後であるため、理事会の決議は、決算時と
       同時でも可能と考えられますが、計画の内容等、決算理事会前の
       理事会で報告しておくと良いです。
 2. 財産目録への表記する
      ・ 基本財産又は特定資産とし、通常の運用資金とは分ける
      ・ 使用目的に「公益目的保有財産であり、・・・」を記載する
 3. 内閣府・県への定期提出書類(事業報告等に係る提出書類)に記載する
      ・ 別表A、別表Cに記載する
      ・ 別表Aは、下段「剰余金の扱い」へ説明を記載する


特定費用準備資金の目的外取崩


 特定費用準備資金を計画するうえで、目的外の取崩という事は滅多にないと
思われます。が、法人の財源不足等、やむを得ない場合のみ、理事会の決定を
経て、取崩すことが可能です。




●静岡県、最東端の熱海市・伊東市から最西端の湖西市まで、
50社以上の社団・財団様のお手伝いをさせていただいております。
法人の運営、会計、税務についてのご質問、ご相談、ご依頼等々は、
こちらのお問い合わせフォームよりお願いします。

●ケイシーシーのホームページ http://kcc-japan.com/

●ケイシーシーのfacebook https://ja-jp.facebook.com/kcc.japan

●公益法人インフォメーション https://www.koeki-info.go.jp/

この記事を書いたプロ

小林正樹

小林正樹(こばやしまさき)

小林正樹プロのその他のコンテンツ

Share

小林正樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0538-42-9051

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小林正樹

税理士法人ケイシーシー

担当小林正樹(こばやしまさき)

地図・アクセス

小林正樹プロのその他のコンテンツ