まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ埼玉
神田正範

犯罪に詳しく防犯を多角的に解説する対話型セミナー講師

神田正範(かんだまさのり)

犯罪予防研究所

神田正範プロのコラム一覧:子どもの防犯

 子どもへの心配は被害だけではない 近年、子どもたちを取り巻く環境の変化を、実感する人も少なくないと思います。インターネットの普及やいじめの陰湿化、少年犯罪の凶悪化など被害だけではなく、加害の心配も増えています。和歌山県の小5男児殺害事件や神奈川県の中1少年殺害事件などは...

 防犯カメラの役割と効果 近年、防犯カメラの普及には目覚しいものがあります。また、容疑者逮捕の有力な手がかりとなり、改めてその実力を実感します。防犯カメラは、犯罪者が嫌う「人の目」を補完し、記録のできる道具として着目され、金融機関や店舗などを中心に普及してきました。昨...

 子どもが戸惑う防犯教育 子どもたちと防犯を学ぶとき、必ず心を痛めてしまう場面があります。それは、子どもたちの純粋な親切心を踏みにじってしまったときです。「知らない人について行ってはいけません」になぞられ、犯行手口を解説する場面でやってきます。連れ去りを企む犯罪者は、犯行...

 犯罪者は大きな音が大嫌い 犯罪者が最も嫌うのは、欲求を遂げられないことです。犯罪者が犯行に及ぶときは、入念な下見やシミュレーションを行っていて、検挙されたときの処遇を意識しています。また、慎重が故に状況の変化に敏感に反応してしまい、暗闇での「光」、人気のない場所での「音...

 子どもを守る親子のコミュニケーション 不審者や声かけ情報は、子どもたちが発信する注意報です。耳を塞ぎたくなるほど賑やかな子どもたちのおしゃべりですが、時に重要な情報が含まれていることがあります。核家族化や共働きなど、子どもとの接点がなかなか見いだせない家庭も少なくあり...

 諦めることが最も危険! 子どもたちを犯罪から守るために最も必要なのは、子どもたち自身の防犯意識です。その為には、社会的弱者である自覚が重要になります。昨年より、子どもたちを対象にした凶悪事件が相次いでいます。報道の過熱に伴い、犯罪不安も高まるばかりで、子どもたちを守る...

 危険は私たちに潜んでいる 毎日、子どもたちが行き来する通学路ですが、危険な場所はないでしょうか。子どもたちの防犯対策というと、真っ先に思い浮かぶことは「不審者」です。近年の連れ去り事件増加に伴い、関心は人(不審者)に向きがちになります。ここに、危険が潜んでいます。不...

 防犯対策は「意識」と「機会」がキーワード 近年、子どもたちを脅かす連れ去り事件が増加傾向にあります。また、戦後の高度成長期に見られた身代金の要求などと違い、目的がハッキリしない事件が殆どで、犯行者の目的に変化が生じています。しかし、連れ去りを防ぐ方法(防犯対策)は「知ら...

神田正範プロのその他のコンテンツ

Share

神田正範プロのその他のコンテンツ