まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
松本英行

シンプルライフを通じて低コスト生活を演出するプロ

松本英行(まつもとひでゆき)

株式会社レンタブルワン

お電話での
お問い合わせ
06-4706-1212

コラム

一人暮らしで揃える家具家電の費用目安と安く抑えるコツ

一人暮らしを始めるとなると、どうしても買い揃える必要が出てくるのが家具・家電。
全てを新品で揃えようと思うと合計費用が高くなってしまうため、うまく費用を抑え、これからの新生活にも備えていきたいところです。一人暮らしで必要となる家具家電の費用目安を知り、賢く揃えていきましょう。

一人暮らしにかかる家具家電の費用は?

一人暮らしに必要な家具家電の費用、目安としては大体「20万円前後」と言われています。
内訳として家具で「ベッド・布団3.5万円」「カーテン1万円」「テーブル1万円」「ラグ1万円」「ソファー1.5万円」「収納ラック1万円」で合計9万円ほど。

家電では「冷蔵庫3万円」「洗濯機3万円」「テレビ3万円」「炊飯器1万円」「電子レンジ1万円」「掃除機1万円」で合計12万円ほどです。

もちろん、これらは一般的なものの費用目安のため、デザインや機能にこだわりを持つと、もっと費用の上限が上がる可能性があります。

家具家電の費用を安く抑えるコツ

一人暮らしを始めるにあたって、20万円の費用は大きな出費です。
できれば、これらの費用をうまく抑えて、これからの新生活のために備えておきたいものですね。そのため、家具家電を安く抑えるコツとしては、「ネットを活用する」ようにしましょう。

実際の商品は実店舗で大きさなどを確認しつつ、購入の際は、ネットの価格比較サイトなどで、最低価格の店舗から買うことができれば、費用を安く抑えることができます。

商品は何でもいい!という場合は、家電量販店で実施している「新生活応援セット」のような家電一式がセットになったものもお得です。もし新品のこだわりがなければ、リサイクルショップやオークションなどを活用するとさらに安く抑えることができます。

他には、はじめから家具家電付きの物件などもありますので、そのような物件を探せば費用をかなり抑えて一人暮らしを始めることができますよ。

費用を安く抑えたいなら、レンタルサービスもお得

また、家具家電の費用を安く抑えるコツとして、レンタルサービスを利用するという方法もあります。
単身赴任など一人暮らしの期間が短期間の場合など、購入するよりもレンタルにした方が少ない費用で済ませることができます。

家電などの面倒なメンテナンスの必要はありませんし、家具家電を破棄する際の処分費用などの出費も必要ないため、後の処分のことを考えてレンタルを利用するという人もいます。

いずれにしても家具家電は一点からレンタルできますので、お家の中で足りないものなどがあれば、随時導入してみても良いかもしれませんね。

家電・家具のレンタルならレンタブルワンへ 

この記事を書いたプロ

松本英行

松本英行(まつもとひでゆき)

松本英行プロのその他のコンテンツ

Share

松本英行プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-4706-1212

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松本英行

株式会社レンタブルワン

担当松本英行(まつもとひでゆき)

地図・アクセス

松本英行のソーシャルメディア

instagram
instagram
twitter
twitter
2018-08-17
facebook
facebook

松本英行プロのその他のコンテンツ