マイベストプロ大阪
西川智子

遺言・任意後見など「老い支度」の専門家

西川智子(にしかわともこ) / 行政書士

西川智子法務行政書士事務所

コラム

多額の財産管理に安心な後見制度支援預金

2021年10月31日

テーマ:認知症・知的障害のための成年後見制度

コラムカテゴリ:法律関連

コラムキーワード: 成年後見 手続き

被後見人の財産が多額の場合、裁判所は後見制度支援預金を利用させるか、専門職後見監督人を選任することが多いようです。

日常の生活費以外の大きな財産管理にこの制度を利用すると、後見人の負担が軽くなりますし、後見人が使い込んでしまった、というようなトラブルも防ぐことができます。

出金が必要になったときは家庭裁判所の指示書が必要になりますので、いわば裁判所と後見人の両者で大切な財産を守る、と言えると思います。

後見制度を利用したいが、時々新聞記事になっている後見人の使い込みが心配、という方、ぜひこの制度を検討してみてください。

この制度は、保佐・補助は利用できないので、注意が必要です。
*任意後見も利用できません。

東京家庭裁判所後見センターのPDFがこちらからダウンロードできます。
東京家庭裁判所後見センターレポート

この記事を書いたプロ

西川智子

遺言・任意後見など「老い支度」の専門家

西川智子(西川智子法務行政書士事務所)

Share

関連するコラム

西川智子プロのコンテンツ