まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
西川智子

遺言・任意後見など「老い支度」のプロ

西川智子(にしかわともこ)

西川智子法務行政書士事務所

西川智子プロのコラム一覧:認知症・知的障害のための成年後見制度

「亡くなった父の遺産を相続したが、相続人の一人である母が認知症で重要な決定ができない」このような悩みも、成年後見制度を活用すれば解決できます。この記事では、成年後見の手続きや、遺産分割協議などについて詳しくご説明します。 成年後見の手続き 遺産の相続権を持つ親が、認知症で遺...

「もし、自分自身が認知症になってしまったらどうしよう」…老いの不安と向き合う時は誰にでもやってくるものです。特に、1人で暮らしている高齢者であれば将来への不安感も大きくなりがちなのではないでしょうか。そこで今回は、認知症になった時の備えについてご説明します。 任意後見制度を利用...

親である自分が亡くなった後、知的障害がある子どもはどうなるのだろうか、また万が一、自分が認知症などの重い病気になった場合、子供の生活を支えることが難しくなるので元気な間に手を打っておきたい。知的障害の子どもを持つ親御さんはこうした悩みを抱えておられるのではないでしょうか。こ...

親が認知症になった時、その財産は子供や兄弟などの親族が管理することが多いのではないでしょうか。しかし、後見人として選任された一部の親族が親の財産を勝手に使ってしまう事件も後を絶たないようです。そこで今回は、親の財産管理を親族が行った場合に起こりうるトラブルや不安についてご紹...

「親が認知症になったので、息子である自分が成年後見人になろうかと考えている」「自分は親の面倒を見ることができない。自分のかわりに成年後見人になってくれる人を探したい」…。後見人はどのような仕事をするのか、どのような心構えが必要なのかなど、後見人についての知識をあらかじめ持っ...

判断力を失った高齢者をサポートするために作られた成年後見制度。しかし、制度を利用すると、できなくなることがあることをご存知でしょうか。また、一度開始すると、本人(被後見人)の判断能力が回復しない限りやめることはできないので、よく考えずに制度を利用してしまうと、「こんなはずでは...

両親、あるいは自分自身の老い支度として成年後見制度について考えておきたいという人が増えています。この記事では、どのような時に成年後見制度が必要になるのかについて詳しく解説します 成年後見制度を利用しようと思ったきっかけ 成年後見人を利用しようと思ったきっかけとしては「本...

判断能力が弱まった本人の代わりに財産を管理したり、必要な契約を結んだりする成年後見人。この記事では、成年後見人に一任される仕事や、専門職後見人、第三者後見人などについて詳しくご説明します。 成年後見人のお仕事 成年後見人の仕事は、財産管理と身上監護の二つに分かれています。...

日本は世界でも有数の長寿国です。高齢社会が進むことで、誰かの支援が必要となる高齢者の数も増加しており、そうした人々を保護するための成年後見制度への注目が高まっています。この記事では、認知症などにより判断能力が不十分になった方を保護、サポートする「成年後見制度」についてご...

西川智子プロのその他のコンテンツ

Share

西川智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6130-2010

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

西川智子

西川智子法務行政書士事務所

担当西川智子(にしかわともこ)

地図・アクセス

西川智子プロのその他のコンテンツ