マイベストプロ大阪
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ大阪
  3. 大阪のくらし
  4. 大阪の文化・教養・カルチャー
  5. 馬上久恵
  6. コラム一覧
  7. パーソナルカラーを活かした結婚式にする~花嫁を輝かせるカラーコーディネート~③
馬上久恵

その人の魅力をカラーとマナーで引き出すイメージ作りの専門家

馬上久恵(まがみひさえ) / 講師

Applause of Color(アプローズオブカラー)

お電話での
お問い合わせ
090-8750-8853

コラム

パーソナルカラーを活かした結婚式にする~花嫁を輝かせるカラーコーディネート~③

2021年10月9日 公開 / 2021年10月10日更新

テーマ:パーソナルブランディング

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: パーソナルカラー 診断パーソナルカラーパーソナルブランディング

こんにちは。
パーソナルカラー&色彩コミュニケーション講師の馬上久恵です。

ウェディングドレスにブーケ、式場のトータルコーディネートまで、パーソナルカラーのテクニックがふんだんに使われる場が結婚式です。


結婚式で着用するドレスや着物は花嫁を最高に美しく魅力的に見せる
ものでありたいもの。

今日は素敵な結婚式にするための
「パーソナルカラーを活かしたコーディネート」のポイントをお伝えしたいと思います。


目次
①会場全体で統一感を持たせる配色を考える
②新郎新婦が並んだ時のバランス

①会場全体で統一感を持たせる配色を考える

結婚式の準備はまずは式場選びからスタートします。
クラシカルは雰囲気、お洒落でナチュラルな雰囲気など希望の場所を選びます。
場所が決まったならば、その会場の雰囲気に合わせた
ドレス選びや花やテーブルコーディネートなど全体に統一感を持たせるコーディネートを考えていきます。


会場をトータルコーディネートする場合、会場全体で配色を考えます。


■会場全体のカラーコーディネートの進め方

①新郎新婦のお二人でテーマを決めます。
テーマを決めるのは
◦お二人が好きな色
◦思い出の色
◦ゲストへの思い
◦どんな雰囲気にしたいのか
まずはテーマを決めていきます。

②メイン・カラー(ベース・カラー)
何色をテーマカラーにするか?
例えば落ち着いたクラシカルな雰囲気ならブラウンが中心。
自然あふれるナチュラルな雰囲気ならグリーンを中心に考えるなど
お二人のテーマを表現するのに1番近い色を選びます。

③セカンド・カラー(アソート・カラー アクセント・カラー)
メイン・カラーに組み合わせる色を決めていきます。
このとき配色のイメージも考えると選びやすくなります。

式場全体を落ち着いた雰囲気にしたい場合
例)クラシカルは雰囲気
メイン・カラーに近い色を選ぶことで統一感がありまとまった印象になります。

◦ブラウン×オレンジ×グリーン
◦ブラウン×オレンジ×オフホワイト

落ち着いた雰囲気ではなく、動きを感じる楽しい雰囲気にしたい場合は
メイン・カラーと逆の色を持ってきます。

例)ガーデンパーティのような雰囲気
◦グリーン×ピンク×ブルー

同じガーデンパーティでもよりナチュラルな雰囲気にしたい場合は
グリーンのグラデーションにすることでナチュラルな雰囲気が作れます。

④イメージ
色を大きく3色決めたら、その色の組み合わせがイメージを表しているかも確認していきます。

②新郎新婦が並んだ時のバランス

会場の雰囲気がきまったら新郎新婦の衣装選びになります。
今回衣装選びのお手伝いをさせていただいた会場は
大きな窓があり、たくさんの光が差し込みます。
外にあるグリーンが窓いっぱいに見える、そんな会場でした。

そこで、まず目に入る美しいグリーンもトータルコーディネートの中の1色と考えて
衣装も選ばせていただきました。

新婦のA様は、パーソナルカラーでは「SUMMER」タイプなのですが
配色でみると「SPRING」タイプの配色がとてもお似合いです。

まずパーソナルカラーからみる配色では
「SUMMER」タイプは統一感のあるまとまりを感じる配色がお得意です。
「SPRING」タイプは変化・きわだちを感じる配色がお得意です。

A様の場合、洋服のコーディネートの時もどこかにコントラストを感じる
変化・きわだちの配色がお得意でした。

そこでカラードレスは
窓から見えるグリーンと対照的な色で赤やピンクをおすすめしました。

また、式では新郎様とお二人で並ぶお写真も多くなります。
ここでも対照の配色を考えて
◦新郎様がネイビーの衣装×新婦様が赤で並びを対照の色相で
合せるご提案をしました。

また、手に持つブーケの色もドレスと対照的な色をいれたコントラストを感じる
配色をおすすめしたのです。

このように大きく全体で雰囲気を決めてテーマにそった色選び
また、配色を考えていくことで
素敵なカラーコーディネート!が実現します。

<POINT>
会場全体でのカラーコーディネートは、目に入るすべての色とのバランスを考えることです。
衣装、ブーケ、テーブル装花など。
バラバラに考えていくと仕上がりにまとまりが感じられなくなるので注意しましょう。


↑新郎様の衣装選びの時の記念写真です。
お二人の幸せオーラにとても優しい気持ちになれた幸せな時間でした。
新郎様の優しいお人柄が、初めてお会いするゲストの皆様に一瞬で
伝わるように・・・をイメージしながら衣装を選ばせて
いただきました。

<関連コラム>
●最高の結婚式にするための色選び
https://mbp-japan.com/osaka/applause/column/5093985/

●最高に似合うウエディングドレス選びは色と襟のデザインに注目
https://mbp-japan.com/osaka/applause/column/5094511/
<同行ショッピングレッスン>
https://mbp-japan.com/osaka/applause/service1/2701173/

<ホームページ>
http://applause-of-color.jp/

<婚活セミナー>
https://mbp-japan.com/osaka/applause/service1/2701229/

この記事を書いたプロ

馬上久恵

その人の魅力をカラーとマナーで引き出すイメージ作りの専門家

馬上久恵(Applause of Color(アプローズオブカラー))

Share

関連するコラム

馬上久恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-8750-8853

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

馬上久恵

Applause of Color(アプローズオブカラー)

担当馬上久恵(まがみひさえ)

地図・アクセス