マイベストプロ大阪
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ大阪
  3. 大阪のくらし
  4. 大阪の文化・教養・カルチャー
  5. 馬上久恵
  6. コラム一覧
  7. パーソナルカラーを楽しむための診断を受ける前に知っておきたいポイント
馬上久恵

その人の魅力をカラーとマナーで引き出すイメージ作りの専門家

馬上久恵(まがみひさえ) / 講師

Applause of Color(アプローズオブカラー)

お電話での
お問い合わせ
090-8750-8853

コラム

パーソナルカラーを楽しむための診断を受ける前に知っておきたいポイント

2021年6月13日

テーマ:パーソナルカラー

コラムカテゴリ:スクール・習い事

コラムキーワード: パーソナルカラー 診断パーソナルカラーパーソナルブランディング

こんにちは。
パーソナルカラー&エレガンススタイル講師の馬上久恵です。

「パーソナルカラー」という言葉を聞くと「自分に似合う色」という
ことはわかるけど、実際はどんなものかはよくわからない・・と思っている人も少なくないと思います。


今日は、「パーソナルカラー」を正しく理解し楽しんでいただくために
パーソナルカラーについてよく耳にする疑問や質問を紹介しながら
楽しめる情報をお伝えしたいと思います。



◍パーソナルカラーは1度診断したら一生変わらないと聞きました

パーソナルカラーが一生変わらないというのは間違いです。

パーソナルカラー、似合う色を見つける基準はあなたの肌や髪、眼の色素傾向と調和し輝かせる色をみつけていきます。

これらの色素傾向は、基本的には大きく変わることはありません。
ですが色素傾向は同じでも肌の質感は年齢とともに変わります。

例えば、若い頃似合うと好評だった色が今はなんとなく似合わなくなってきた・・・
なんて経験はありませんか?

これは肌の質感の変化から、見え方にも変化がおきているのです。

前は鮮やかな色のグルーが似合っていたのに、今は人気のくすみカラーが抜群に似合っている!
これも肌の質感の変化が大きく関係しています。

また、病気や事故などでの変化もあります。

だからこそ、継続的にコンサルティングが受けられるカラーリストに出会うことが大切なのです。

今の自分を楽しむためにも、パーソナルカラー診断は一度きりときめず
その時々でコンサルティングを受けることをおすすめします。

◍私は肌がオークル系だから「イエローベース」

この質問は本当によく聞かれますが、間違いです!

パーソナルカラーは肌に類似した色のことではありません。
美しく輝くために「調整をかける色」のことです。

例えば、顔のくすみが気になっている人がいます。
印象はオークル系のお肌。

診断結果はオークル系のお肌だから
イエローベースなんてことになっては大変です!

だって、イエローベースの効果として似合う場合は肌の血色があがり
健康的な印象を与える効果があります。
ですが似合わない場合は、顔色が黄黒く見えて、くすんだ不健康な顔色に
見える場合があります。

この場合はブルーベースの効果で顔の色みを抜き、すっきりした透明感をつくる印象に
調整することが大切かもしれません!

顔の色と類似した色が似合う人もいれば、対照的な色で調整する方がいい人もたくさんいらっしゃいます。


自分の素肌の色がオーク系だからイエローベース、ピンク系だからブルーベースと
決めてしまわず、自分をどう輝かせたいか?どう見られたいか?
をしっかり見極めて診断することが大切です。

◍似合うシーズン以外の色はきるとダメ?

パーソナルカラー診断の結果をお伝えする時、似合う色のシーズンをお伝えします。
<イエローベース>
スプリング・・・明るくクリア、華やかな印象
オータム・・・暗く、ソフト 落ち着いた印象

<ブルーベース>
サマー・・・明るくソフト、穏やかな印象
ウインター・・・暗くクリア、シャープな印象

このようにパーソナルカラーのシーズンの色はグループが共通の要素でまとめられているので
診断後にご自身でコーディネートを考える場合、色選びのイメージが作りやすいのです。

けれど、けっしてこれ以外の色が似合わなくて着てはいけないわけではありません。

違うシーズンの色であっても、組み合わせ方によってはとても素敵な場合はたくさんあります。

例えば、サマータイプの人がウインターの色をプラスしたいと考える場合
ブルーベースという大きな共通点がありますから、どこかまとまりを感じる
素敵なコーディネートに仕上がるはずです。

このように、自分のパーソナルカラーを理解しつつ、
他のグループでのご自身が得意とする要素を上手く取り入れた
コーディネートができるようになるとお洒落の幅がだんぜん広がりますよ。



<まとめ>
パーソナルカラーについて知っているようで知らないことありますよね。
今日ご紹介した質問は、専門学校やイベントなどでもとても多く聞かれるものです。

以前、病気で肌の色みがかわってしまったことがショックで
お洒落をあきらめていたという方と出会いました。
その方が「今、似合う色、今、輝く色」をアドバイスしたことで
お洒落をまた楽しみたいと思えるようになったと言われたことがあります。


パーソナルカラーは、色を決めつけるものではなく、今の自分を輝かせる色だと
いうことを知っていただけると嬉しいです。

<関連コラム>
●パーソナルカラー見つける簡単セルフチェック
https://mbp-japan.com/osaka/applause/column/5086826/

●マスクをしていても華やかな第一印象が作れるブローチのお洒落術
https://mbp-japan.com/osaka/applause/column/5083087/

<ホームページ>
http://applause-of-color.jp/

<研修会・セミナー>
https://mbp-japan.com/osaka/applause/service2/
https://mbp-japan.com/osaka/applause/column/5074751

この記事を書いたプロ

馬上久恵

その人の魅力をカラーとマナーで引き出すイメージ作りの専門家

馬上久恵(Applause of Color(アプローズオブカラー))

Share

関連するコラム