マイベストプロ大阪
馬上久恵

その人の魅力をカラーとマナーで引き出すイメージ作りの専門家

馬上久恵(まがみひさえ)

Applause of Color(アプローズオブカラー)

コラム

母への感謝の日 

2019年5月11日 公開 / 2019年5月13日更新

テーマ:色とマナーで心も所作も美しく

こんにちは。
マナー講師でパーソナルカラーリストの馬上久恵です。

今日5月14日は「母の日」

街には綺麗なカーネーションの花がたくさん。
みているだけで、明るい気持ちと心が癒されます。

母の日にカーネーションを送るようになったきっかけは
1907年5月9日の日曜日、アンナ・ジャービスという女性が
亡き母親を追悼する会を教会で開きました。

アンナは母親への感謝の気持ちを表すために白いカーネーションを教会に飾りました。

これが始まりといわれています。

カーネーションの花言葉は、全体的に愛情あふれる言葉が多いのが特徴です。




■カーネーションの色と花言葉
赤:愛 感動

ピンク:感謝の心 温かな愛情

オレンジ:情熱 清らかな愛

白:純粋な愛

赤やピンクは特に母の日にぴったりな色ということです。



■カーネーションはピンク?赤?どちらをメインにする?
私がおススメしたいのはピンクのカーネション!

ピンクは幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を増進させる効果があります。

また、ピンクは若返りの色といわれています。
その理由はホルモンの分泌を促し活性化してくれるから。

ホルモン分泌を整えてくれるので、健康的で若々しくなれるのです。


ピンクの服を着ることに抵抗のあるお母さんも、ピンクの花を飾ることなら大丈夫なはず。

感謝の気持ちとピンクの嬉しい効果をぜひお母さんにプレゼントしてくださいね♡


■体験レッスンの募集⇒https://mbp-japan.com/osaka/applause/service1/2701254/

※体験レッスンでは皆様のご希望に応じて内容をご準備させていただきます。
お申し込みの際、簡単にご相談内容をお知らせくださいませ。

■ホームページ→http://applause-of-color.jp//

■馬上久恵 HISAE MAGAMI
ジュエリーコーディネーターの経験から得たお客様の心をつかむカラートータルコーデネートが評判。
マナーとカラーを取り入れた独自の手法でその人の魅力&美しさを最大限に表現するプロとして活躍。
個人、企業からも「美しさを作るカリスマ」として絶大な信頼を得ている。

この記事を書いたプロ

馬上久恵

その人の魅力をカラーとマナーで引き出すイメージ作りの専門家

馬上久恵(Applause of Color(アプローズオブカラー))

Share
関連するコラム