マイベストプロ沖縄
竹下勇夫

会社法・労働法・経済法に精通した企業法務のプロ

竹下勇夫(たけしたいさお) / 弁護士

弁護士法人ACLOGOS

コラム

改正高年齢者雇用安定法 その6

2021年4月5日

テーマ:高年齢者就業確保措置

コラムカテゴリ:法律関連

新たに設けられた⑤の「70歳まで継続的に、(a)事業主が自ら実施する社会貢献事業、(b)事業主が委託、出資(資金提供)等する団体が行う社会貢献事業、に従事できる制度」というのはどのような制度なのでしょうか。

ここでいう「社会貢献事業」とは、「社会貢献活動その他不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与することを目的とする事業」のことをいいます。特定の宗教を広めたり、特定の公職の候補者や政党等を支持・支援したりする行為は社会貢献事業とはいえません。
 また、自社以外の団体が実施する社会貢献事業に従事させる場合には、当該事業主が当該社会貢献事業の円滑な実施に必要な資金の提供その他の援助を行っていなければなりません。またここでいう「団体」は公益法人に限られず、事業主が委託、出資等する団体であればどのような団体でもよいとされています。(続)        

この記事を書いたプロ

竹下勇夫

会社法・労働法・経済法に精通した企業法務のプロ

竹下勇夫(弁護士法人ACLOGOS)

Share

関連するコラム

竹下勇夫プロのコンテンツ