マイベストプロ沖縄
竹下勇夫

会社法・労働法・経済法に精通した企業法務のプロ

竹下勇夫(たけしたいさお) / 弁護士

弁護士法人ACLOGOS

竹下勇夫プロのご紹介

会社法・労働法・経済法に精通した企業法務のプロが、社内の問題を解決へと導きます(1/3)

竹下勇夫弁護士

検察官から弁護士へ。法律家として40年のキャリアを持つ沖縄弁護士界の重鎮 

沖縄県警に程近い那覇市泉崎に事務所を構える、弁護士法人「ACLOGOS(アクロゴス)」。アクロゴスとは、ACT(行動)と、LOGOS(知性・理性)を組み合わせた造語で、「行動と知性をバランスよく兼ね備えた人物こそが弁護士が理想とすべき姿であり、弁護士が備えるべき資質である」という指針を示したものです。

同事務所は、不動産・建築訴訟、相続、債務整理など多数の一般民事事件について経験を積んだ亀山聡弁護士と、検察官出身で沖縄県の訴訟代理人や県内上場企業の法律顧問等を務めてきた竹下勇夫弁護士が共同で設立した弁護士法人です。法律家として40年超のキャリアを誇る竹下さんは、会社法を中心とした企業法務を得意とし、その豊かな経験と高い見識を武器に企業が抱えるさまざまな問題を解決に導いてきました。

1974年に早稲田大学法学部を卒業した竹下さんは、その翌年に司法試験に合格。裁判官・検察官・弁護士のいずれかの道を選択する際、竹下さんが選んだのは検察官でした。

「法律家を志したのも検察官を選んだのも動機らしい動機はなかったのですが、司法修習生だった頃にロッキード事件があり、汚職事件を摘発した東京地検特捜部の活躍は法律家を目指す当時の若者の憧れでしたから、その影響があったかも」と、竹下さん。

ロッキード事件以前は弁護士を選択する人が多く検察官志望は少数派だったとか。しかし事件後は「検察官はカッコいいと志望者が倍増しました」と、笑顔で当時を振り返ります。その後は、札幌・那覇・大阪の各地検勤務を経て10年後の1988年に退官。弁護士へと転身しました。

Share

竹下勇夫プロのコンテンツ