マイベストプロ岡山
  1. 【RC住宅にも種類がある??】 どれが良いかはあなた次第!!
磯﨑慎一

コンクリート住宅の事ならおまかせ!RC住宅のプロ

磯﨑慎一(いそざきしんいち) / 一級建築士

株式会社サンオリエント

コラム

【RC住宅にも種類がある??】 どれが良いかはあなた次第!!

2020年4月4日 公開 / 2020年5月23日更新

テーマ:RC住宅

コラムカテゴリ:住宅・建物

From:磯崎

一言で「コンクリート住宅」と言っても、実は何種類かあるんです。
木造でも、
「在来軸組工法」

「ツーバイフォー」
があるように、
主材がコンクリートであっても、現場で型枠にコンクリートを流し込む
「現場打ち」
と、工場で作られたパネルを現場で組み立てる
「パネル工法」
があり、大手メーカーの【100年住宅】さん等がパネル工法の代表だと思います。

そして当社は「現場打ち」でやってます。
リビング内観
↑の写真のように
「現場打ち」
だからこそ表現できる打ち放しの風合いや、
間取りの自由度の高さなど、
実はかなりの労力を要するのですがそれでもいつもそこにこだわっています!
杉板打放し
さらに、この写真のような事もできてしまいます!
この左側の壁、一見木のように見えますが実はこれもコンクリートの打ち放しなんです!!
型枠に杉板を使い、その杉板の目をコンクリートが再現しているんですね!!
現場で見てみると、とてもきれいですよ!!

今回は実際に建てたお客様に、その
「現場打ち」
の建物の魅力にも言及してもらっています(^_^)

是非ご覧下さい!!



最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!!

磯崎@サンオリエント

この記事を書いたプロ

磯﨑慎一

コンクリート住宅の事ならおまかせ!RC住宅のプロ

磯﨑慎一(株式会社サンオリエント)

Share

関連するコラム

磯﨑慎一プロのコンテンツ