まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
松井達治

記憶力が飛躍的にアップして、日常生活を変えるプロ

松井達治(まついたつじ)

想真(そうま)

コラム

数字を憶える 覚えかた方法

記憶力アップ方法コラム

2018年5月16日 / 2018年7月19日更新


大人と子供では覚え方が違う


記憶力アップのプロ松井達治です。
今回は、数字を覚るがテーマでした。

数字の覚え方です。大人と子供では得意な覚え方が違うのはご存知でしょうか?

大人は、関連付けと意味付け。そしてイメージングがとても大切なのです。
数字を覚えるにしてもイメージづけが大切です。

子供の場合はどうなのか?イメージづけもありますが、イメージづけよりも繰り返し覚える。
リズムをつけて覚えるなどの方が覚えることができます。

例えば九九など、子供の場合はイメージをつけて覚えた方が良いのですか?
という話をいただきましたが、これは違います。
理論的にを理解すること。それと子供の場合は繰り返しです。
子供の脳はスポンジのように柔らかいので吸収します。

大人の場合は関連付けです。

子殿の例ですが、繰り返し覚えていくとかなり多くの数字を覚えることができます。
大人であればマジカルナンバーセブンという言葉があるように7桁くらいですが。
先日は40桁まで覚えてくれました。
子供の能力の素晴らしさを体感しました。

そして、大人はしっかりと数字を転換していけば行けます。
少しだけいうと1という数字は1を象徴とする人物およびものに転換します。
例えば1といえば王貞治さん。1といえば煙突のように見えることが大切なのです。

このようにしていきます。
数字を覚えたい方はご相談ください。

もっとくわしく

*お客様の感想は?生の声はこちら
*アクティブ・ブレインセミナーって?動画回答はこちら
*顔と名前を憶える書籍・冊子販売こちら
*記憶力アップの情報満載ページはこちら

この記事を書いたプロ

松井達治

松井達治(まついたつじ)

松井達治プロのその他のコンテンツ

Share

松井達治のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2018-04-22
instagram
Instagram
facebook
Facebook