まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大分
松井達治

記憶力が飛躍的にアップして、日常生活を変えるプロ

松井達治(まついたつじ)

想真(そうま)

コラム

初参加で100キロウォークを完歩するコツ?(準備編)

プライベート

2017年11月20日 / 2018年4月25日更新

100キロウォークを完歩するコツ(準備編)

前回は100キロウォークを完歩する感情の話をさせていただきました。
多くの方に見ていただき感謝です。今回は準備編ということで
実際にどのようなことをしたかという話をさせていただきます。



まず100キロウォークを歩くためには歩き続ける必要があるので、6月から15キロ程度歩きました。と言っても1月に1〜2回でした。
本格的には9月になって40キロ合同練習をしました。
正直きつかったです。ここで気づいたこと。
歩き方が違うことでした。
また、グッズなどのそうでした。
シューズはランニングシューズと違うのか?など考えました。
リュックとライト。特にライトは明るいに越したことないですね。
また、馬油も聞きました。馬の油?お尻や股擦れに使います。
準備品は後でまとめますね。

それから60キロ歩きました。一人で夜歩いたのですが、本当にきつかった。
ヘロヘロになりました。私の人生の中で一番きつかったです。
この時にはウォークングシューズを新調しましたが、インソールが薄く痛くてどうしようもなくなりました。
これは、やばいということで、ネットで手配しました。すると痛みが全然出なくなりました。衝撃を抑えることと推進力を落とさないことは相反しますが
痛すぎる状態は良くないと思いました。

その間も15キロや20キロ歩きましたが、100キロは当日初めて歩きました。
60キロの時点でテーピングをしました。テーピングの方法で痛みの取れ方が違うことがわかりました。また、捕食も使うことの重要性を体感しました。
それと、寒さも関係するということを感じました。

練習の中では、自分の歩き方と上級者の方の歩き方が違うことがわかりました。マメができるのですが、私の場合は足の裏で蹴るランニングの癖があるのでどうしてもマメができることを知りました。

また、24時間動くということはずーっと体力を消耗するということです。
また、下り坂ではマメができやすいということです。この下り坂での歩き方がとても重要に感じました。

また、一歩の足の幅も違うことを感じました。一歩の足の幅が短いので、腰を使って歩くこと。それと同時にストレッチの重要性も感じました。ストレッチを行いました。そして体を柔らかく5センチスライドが伸びました。
たった5センチされど5センチ100キロでは7キロ近く変わります。
あと、腕を長時間振るのでタイツが必要だと思いました。
実際にその日はとても暑かったので半袖でT—シャツのみでスタートしたのですが、夕方腕が肉離れのような感じで痛くなりました。インナーを着ると解決しました。上も必要だと思います。
また、グローブは必要です。これは100キロ歩くと手がすごくむくみます。
また、転んだ時にも役立ちます。汗を拭うにもとても便利ですので。
あとバランスの悪いリュックを背負ったのでこれがあまり良くありませんでした。リュックはバランスの良くなおかつ軽いものを使うべきと思いました。
途中で背中が痛くなりました。
それと、コンビニで買えるものは買う。としていけばよかったと思いました。
コンビニは順位によっては食べ物がない状態というのも聞きました。
でも、場所を選べば豊富なので、並ばなくて良い場所を予想するということです。例えばチェックポイントの前後のコンビニはみんな寄りません。並ばずスムーズに買えます。コンビニに寄る時間も、もったいないという方は別として、コンビニの活用法は大切だと思います。しかし、水はとても重要です。
切らさないようにしましょう。少し多めに買っておくこと。300CCの水を持っているようにしました。食料ではゼリーや羊羹なども良いと思います。

それと、痛み止めは持っていましょう。どうしようもなければ飲んだ方が良いです。また、豆は破れる前に針で水を抜きましょう。私は勘違いしていて水が溜まっていたのに抜かずに歩いていました。これが失速の最大の原因でした。痛み止めもさすがに効きませんでした。
それと、マー油ですが擦れそうなところは自分が思っているよりも、2回り外でした。そのため40キロ前で出血していました。痛みが出ました。出血してしまうと時すでに遅し。あとは我慢のみでした。翌日パンツと分泌物がくっつき剥がす時にめちゃくちゃ痛かったのを覚えています。

準備はとても重要ですので皆様しっかりとした備えと情報を。
初めての方は準備不足が一番のリタイヤへの元になると思います。
最後に準備品を書いておきます。これ以外にも大会事務局からもあると思います。そちらも熟読してくださいね。
私も当たれば来年また出たいと思います。出会ったら教えてください(笑)


【準備品】
リュック 携帯 ライト前を照らせる明るいもの タオル グローブ
インナー上下 痛み止め 小さいお水 時計 馬油 テーピング 絆創膏
捕食のゼリー 羊羹 インソール きちんとした靴 5本指ソックス
 自信 勇気 元気 アクティブブレインの考え方

このアクティブ・ブレインの考え方を行動に移したことが本当に大きかったと感じています。
アクティブブレインと100キロウォークとの繋がりは別のコラムにて書いています。
繋がりを書いたコラムはこちらから
ぜひ知って欲しいと思っています。

もっとくわしく

*お客様の感想は?生の声はこちら
*アクティブ・ブレインセミナーって?動画回答はこちら
*顔と名前を憶える書籍・冊子販売こちら
*記憶力アップの情報満載ページはこちら

この記事を書いたプロ

松井達治

松井達治(まついたつじ)

松井達治プロのその他のコンテンツ

Share