まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ奈良
上北洋介

親身に話を聴き解決策を提案する相続のプロ

上北洋介(うえきたようすけ)

司法書士法人SEALS奈良オフィス

コラム

遺言の必要性③

2013年8月29日

学園前司法書士事務所の司法書士の上北です。
お読みいただいてありがとうございます。

今回は、遺言の必要性についてです。
妻の老後の問題をなくしたい場合です。

ご主人様がなくなり、妻が同居されていた場合、通常妻がその自宅に今後も居住されます。
その際に遺言等はなく、子供様2名(長男・長女)と妻で遺産分割協議を行いました。
妻にもしもの事があったとしたら、結局子供2名が相続することになるので、自宅は長男名義にしようという遺産分割協議をして、自宅は長男名義になりました(同居はされていない)。

妻としては、長男所有の家に住んでいることになります。
その後嫁姑問題が発生し、長男も嫁の味方になり、自宅を売却するという話が出てきました。
それについて、所有者でない妻は、自宅の売却に反対することができずに、自宅を追い出されたような形になってしまった・・・という話がありました。

かなり珍しいケースともいえそうですが、現実に起こっています。
妻がその後もしっかり生活できるように妻への相続分をしっかり確保したうえ(特に自宅の土地・建物)で遺言を残しておくというのも一つの方法です。
全ての財産について遺言を残すのがベストですが、遺産の一部を遺言で相続させるという方法もあります。

相続・遺言のご相談は学園前司法書士事務所までお気軽にご相談下さい。
☎0742-81-8445
HP  http://gakuenmae-shihou.com/index.html




この記事を書いたプロ

上北洋介

上北洋介(うえきたようすけ)

上北洋介プロのその他のコンテンツ

Share

上北洋介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0742-81-8445

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

上北洋介

司法書士法人SEALS奈良オフィス

担当上北洋介(うえきたようすけ)

地図・アクセス

上北洋介プロのその他のコンテンツ