マイベストプロ長崎
  1. 雇用のお悩みに「雇用関係助成金」を活用しましょう!
李泳勲

「長崎を盛り上げたい!」人の手伝いをする法律のプロ

李泳勲(いよんふん)

リーガルナビ行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
095-800-5100

コラム

雇用のお悩みに「雇用関係助成金」を活用しましょう!

雇用関係助成金は、ハローワーク等の紹介により継続して労働者を雇用する際に事業主に対して助成されます。

助成の対象は幅広く、経営の状況に合わせた内容で申請することができます。中でも利用頻度が多いものをご紹介します。


特定求職者雇用開発助成金(支給額:40万円~)

〇高齢者
〇障がい者
〇母子家庭の母親
〇65歳以上の離職者
を雇用する場合

トライアル雇用助成金(支給額:4万円/月で最長3か月)

〇就労経験がない又は学校卒業後安定した職業についていない
〇育児等を理由に離職し、1年以上安定した職業についていない
〇1年以上離職している又は過去2年間以内に離職・転職を繰り返している
〇父子家庭・母子家庭の親
〇日雇い労働者
〇障がい者等
を雇用する場合

地域雇用開発助成金 支給額:48万円~

〇雇用機会が不足している地域(下記サイトを参照)において事業所の設置・整備や創業を行い、その地域に居住する求職者等を雇い入れた場合

厚生労働省 地域雇用の開発のために

キャリアアップ助成金 支給額:28万円~

〇非正規雇用(有期契約・短時間・派遣労働者)
を正社員化した場合

雇用調整助成金 支給額:状況により異なります

〇景気の変動等により、企業が事業活動の縮小を余儀なくされた際に休業・出向・教育訓練により労働者の雇用の維持を図る場合



長崎での取扱機関:長崎労働局、各ハローワーク及び高齢・障害・求職者雇用支援機構 長崎支部

※これらの助成金には雇用前の労働者との関係や継続して雇用する期間などの要件が設定されており、満たさない場合は不支給となります。また、助成によって取扱機関が異なります。

詳しくは厚生労働省HP

これから人材を雇用して、長崎に貢献される企業の方は、是非助成金の活用もご検討ください!

この記事を書いたプロ

李泳勲

「長崎を盛り上げたい!」人の手伝いをする法律のプロ

李泳勲(リーガルナビ行政書士事務所)

Share
関連するコラム