マイベストプロ信州
塩原真貴

木造住宅を耐震・断熱構造に生まれ変わらせるプロ

塩原真貴(しおはらまさき)

株式会社Reborn

セミナー・イベント情報

断熱職人の家@長野市中越

フライヤー表

付加断熱(ふかだんねつ)という言葉をご存知でしょうか?

「冬暖かく、夏涼しい」家の一歩先には、Q1.0(キューワン)住宅があります。
Q1.0住宅とは、
(国が定める)省エネ基準で建てた家が消費する冷暖房エネルギーを、
「半分以下にしようじゃないか」
という目標で設計され、施工された住宅のことです。
つまり、省エネ基準に則ってつくったAさんの家の暖房が、年間で1000ℓの灯油を使うのであれば、500ℓ以下で済むような断熱レベルでつくられた家はQ1.0(キューワン)住宅といえます。

寒冷地である新築住宅で家をつくる場合は、暖房コストは莫大となりがちです。
「最近の家はたしかにどこにいても暖かい。でもかなりエネルギーを使っていて、これでは家計がもたない」
高断熱高気密住宅に暮らす人から、そんな話が15年ほど前から出てきていました。

Q1.0住宅(「燃費半分以下の家」と言っていい)は、外壁断熱にかなり力を入れないと達成できないことが分かりました。
薄手のジャンバーでは寒いと感じる時、ダウンジャケットを着ると暖かくなりますね。付加断熱とは重ね着に似ています。

このたび、長野市中越にQ1.0住宅が新築されました。
室内と室外が20℃前後温度差がある寒い時期に、Q1.0住宅の暖かさを体験してもらえるよう、完成見学会を行うことになりました。

「確実に暖かい、かつ低燃費」な住宅を手に入れたい方にぜひご覧いただきたいと思います。

詳しくは 株式会社Rebornのホームページのお知らせ覧 をご覧ください。(会場はグーグルマップで「中越の庚申塔(コウシントウ)」で検索してください。そのすぐ横です)
http://reborn-nagano.co.jp/

Share
その他のセミナー・イベント情報

塩原真貴プロのコンテンツ