マイベストプロ信州

コラム

【変えられてゆく暮らし】 あなたはこの“変化”をご存じですか? 

2021年6月10日

テーマ:お金と暮らし

コラムカテゴリ:お金・保険



2021年4月から、消費税の「総額表示」が義務付けられました。
消費者に商品の販売やサービスの提供を行う課税事業者は、値札やチラシ等においてあらかじめその取引価格を表示する際、消費税額を含めた価格を表示しなければなりません。

私たちにとっては、実際の支払金額が一目でわかるというメリットがありますが、東京の調査会社が実施したアンケートによれば、8割以上が総額表示義務化に賛成と回答、しかし、5割近くが「義務化前と比較し価格が高いと感じる可能性がある」とも回答しました。
販売事業者側としては、総額表示によって値上げと誤解されることへの懸念も多いそう。

そんな総額表示ですが。

将来、消費税率を変えようとしたとき。私たちがどれだけ消費税を負担しているのか、価格との差額が分かりづらくなり、【消費増税】への抵抗感が減る……そんな意図も見えてきます。


その他にも様々な「変化」が。
・食用油の値上げ
・大手電力10社、大手都市ガス4社の家庭向け料金値上げ
・介護保険料の見直し(3年に1度の見直しで多くの自治体が値上げ)
・公的年金支給額の0.1%引き下げ(国民年金は満額で月66円の減)
・自賠責保険料の値下げ
・同一労働同一賃金の適用が中小企業にも拡大
・70歳までの就業機会確保(希望する社員への機会確保が企業の努力義務に)
など、私たちの暮らしに影響のあるものが多くありました。

介護保険料に関してみると、朝日新聞の調査によると8割近くの自治体で介護保険料が6,000円以上になったとのことで、最も高くなる大阪市は8,094円だそうです。
介護保険制度が始まった2000年の全国平均は2,911円であり、当初は上限5,000円程度と言われていました。
いったいどこまで上がるのでしょうか……

怖いのは、私たちは『忘れ』、『慣らされ』てしまうこと。
そして一番怖いのは『知らない』こと。
現在、未来の生活への影響を『想定しない』こと。

忙しい毎日の中でも、私たちは自ら情報を積極的に取り入れつつ、その背景や受ける影響を長期的に考える努力が必要です。
そして。

明日の、未来の自分のために、今何をするべきなのか……

今からできる“備え”について考え、ひとつでも行動を始めましょう!

この記事を書いたプロ

たけうちかおる

子育て世代のお金の悩みに応えるプロ

たけうちかおる(ファイナンシャルプランナー・たけうちかおる)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

たけうちかおるプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-1131-8619

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残してください。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

たけうちかおる

ファイナンシャルプランナー・たけうちかおる

担当たけうちかおる(たけうちかおる)

地図・アクセス

たけうちかおるのソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

たけうちかおるプロのコンテンツ