まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
清水斐

明確なプラン作成と無理のない提案でお金の不安を解消するFP

清水斐(しみずあや)

FP事務所f-design

清水斐プロのコラム一覧:ライフプラン

執筆記事が掲載されました。「生涯未婚率」が上がっている。最新の国勢調査の結果によると、50歳まで一度も結婚したことのない人の割合は男性で約23%、女性で約14%。ライフスタイルの多様化が進む中で、シングルライフを送る人も増えてきたのだ。「独身貴族は羨ましいよな」──稼いだお金を趣...

執筆記事が掲載されました。日本の平均寿命は80歳を超え、いまや100歳まで生きることを考える必要が出てきました。皆さんは80歳、90歳の生活を想像できるでしょうか。どう生きるかを考えるとき、気になるのはお金のこと。特に老後生活では、生活費の多くを年金に頼る場合がほとんどです...

(こちらは執筆記事の転載です)「田舎暮らし」や、都会と地方に家を構える「二拠点居住」が注目されている。職種によっては「どこに住んでいても仕事ができる」時代──では、実際に働き盛りの世代が移住したら、生活はどうなるのか。東京から長野に移住したファイナンシャル・プランナーの清水...

執筆記事がマネーポストWEBに掲載されました。国民年金保険料の納付率は、65.0%(2016年)。この数字は保険料を免除・猶予されている人を除いて算出されたもので、それらを含む実質的な納付率は約40%となっている。およそ半数が年金保険料を払っていないのだ。「将来、確実にもらえるかわ...

掲載記事がマネーポストWEBに掲載されました。 多くの業種で「人手不足」が深刻化している今、パート・アルバイトの時給が上がり、家計を助けようと働く主婦にとってはチャンスが訪れている。そこでよく指摘されるのが妻の年収の「壁」問題だ。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏は、...

掲載記事がマネーポストWEBに掲載されました。 子育て世帯にとって、総額で1000万円とも2000万円とも言われる教育費をどう準備するかは大きな課題となる。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏は、「子供が小中学生のうちが大きなチャンス」というが、貯められないまま子供が高校生にな...

掲載記事がマネーポストWEBに掲載されました。子育て世帯にとって、総額で1000万円とも2000万円とも言われる教育費をどう準備するかは大きな課題となる。いつ、どう貯めるか。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏は、「子供が小中学生のうちが大きなチャンス」と解説する。 * ...

掲載記事がマネーポストWEBに掲載されました。子育て世帯にとって、春先は何かと物いりのシーズンとなる。進級・進学となれば、お金は飛ぶように消えていく。総額で1000万円とも2000万円とも言われる教育費をどう準備すべきか。その方法は、子供の年齢によって異なるという。ファイナンシャ...

掲載記事がマネーポストWEBに掲載されました。 受験シーズン。そしてすぐに進級・進学の時期がやってくる。子供の教育費は、総額で1000万円とも2000万円とも言われる。それをどう準備するかは、親にとっての大きな悩みだ。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏は、「まだ子供がいなくて...

掲載記事がマネーポストWEBに掲載されました。 家族持ちの同僚から「独身はいいよな、お金が自由に使えて……」などと言われることもある、シングル世帯。だが、将来に向けて資金計画を立てておくことが重要なのは、ファミリー世帯と変わらない。この年末年始、1年間の「お金の出入り」を振...

執筆記事がマネーポストWEBに掲載されました。住宅費に教育費に、と何かとお金がかかりがちなのが、40代だ。この年末年始、1年間の「お金の出入り」を振り返るとき、40代夫婦の場合はどんな観点に注意すべきなのか。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏が解説する。 * * *...

執筆記事がマネーポストWEBに掲載されました。年末年始は、1年間の「お金の出入り」を振り返るべき時だ。どんな観点に注意すべきなのか。今回は、「20~30代の夫婦」が考えるべき“ライフプランとお金”について、ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏が解説する。 * * * 前...

執筆記事がマネーポストWEBに掲載されました。年末調整をはじめ、今年1年の収支を振り返るのにふさわしい時期になりました。とはいえ、他人と貯金を比べるわけにもいかず、どのような視点で「お金」と向き合うべきかわからないという人も多いと思います。年代や家族構成によって、その...

8月がスタートしました。今月から大きく変わったことと言えば年金受給用件の変更です。今回はその内容についてとそもそも年金のこれからについてお伝えします。 資格期間25年以上が10年以上に 今回の変更点は加入資格の期間に関するもの。今までは25年(300ヶ月)必要でし...

清水斐プロのその他のコンテンツ

Share

清水斐のソーシャルメディア

facebook
Facebook

清水斐プロのその他のコンテンツ