まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ信州
清水斐

明確なプラン作成と無理のない提案でお金の不安を解消するFP

清水斐(しみずあや)

FP事務所f-design

コラム

地方移住のメリットとデメリット 長野に転居した30代FPの場合

ライフプラン

2018年7月2日

(こちらは執筆記事の転載です)

「田舎暮らし」や、都会と地方に家を構える「二拠点居住」が注目されている。職種によっては「どこに住んでいても仕事ができる」時代──では、実際に働き盛りの世代が移住したら、生活はどうなるのか。東京から長野に移住したファイナンシャル・プランナーの清水斐氏が、自身の体験をもとに解説する。



 * * *
 私は、東京都内で10年弱会社員として働き、2013年、30歳の時に縁もゆかりもない長野県佐久市に移住しました。東京から北陸新幹線で行けば、軽井沢の次、「佐久平駅」まで約80分です。

つづきはこちらから

その他の記事、お知らせなどはFacebookに随時更新しています。
https://www.facebook.com/fp.f.design/

【初回相談受付について】
ひと月5組まで、初回無料相談がご利用頂けます。
(1回45分、ながの子育てパスポート利用で75分)

今月の受付状況は
FacebookまたはHPをご覧ください。
HP: http://www.fp-saku.com

この記事を書いたプロ

清水斐

清水斐(しみずあや)

清水斐プロのその他のコンテンツ

Share

清水斐のソーシャルメディア

facebook
Facebook

清水斐プロのその他のコンテンツ