マイベストプロ宮城

コラム

「人」ではなくて「出来事」に意識をむける(愛ある殴り書き)

2021年4月14日

テーマ:コーチング

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 人材育成 研修コーチング やり方チームビルディング

「あの人が」ではなく、
「その出来事」の方に意識を向けると
いろいろと気づかせてもらえる。
「あの人は困ったもんだ」と捉えていると、
その人をどう排除するかとか、
私とは違うからと区別する思考にしかならない。
でも、
その人の行為に “どんな不都合” があるのか、
その人の言動によって周りが “なぜザワつく” のか…
そんな「出来事(事象)」の方に目を向けると、
そこには、
今よりもっと良くなっていくための課題(ポイント)が見えてくる。
問題を提起されていることに気づく。
愛ある殴り書き①

さらには、
「困った人」は気づかせてくれる存在だったんだと愛おしくすら感じる、かもよ。

 ***

セッションログはいつも乱筆(笑)
お目汚しで スミマセン
それでも愛はたっぷりです!
書いているのは私ですが、
書かれているのはクライアントが発した言葉達なので、
使用にあたってはクライアントの了解を得ております。

この記事を書いたプロ

宍戸美香

コーチングのプロ

宍戸美香(宍戸美香 コーチングオフィス)

Share

関連するコラム