マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

判決和解速報(調停、相続紛争)

2019年2月9日

 遺言を前提にすると遺留分が侵害されていることが明らかであったため、不動産の査定を行い、当方から遺留分減殺請求を行い、最終的には被相続人に対して負っていた当方依頼者の債務と遺留分額を相殺をする形で解決した事例。
 特殊な事情があり、相続紛争ではありましたが、簡裁での民事調停にて当方から調停を申し立てて解決した事例でした。
 担当弁護士は中です。
 ここのところ速報を出していませんでしたが、相続紛争が増えており、多数の事件を受任しております。
 お気軽にご相談ください。

この記事を書いたプロ

中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(中隆志法律事務所)

Share