まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

読書日記「乾坤の夢」

2018年12月7日

 全三巻。文藝春秋。津本陽。
 津本陽先生が亡くなられたことを知らずに就寝前に2回目を読んでいたのであるが、人生で参考にすべきは(面白みはないが)家康であることを痛感させられる作品である。
 物語は秀吉が死去したところから始まる。関ヶ原では最近の研究とは異なり、これまで通説とされてきた関ヶ原の推移に基づいて物語が進む。
 大坂の陣では、幸村びいきなので、家康が討ち取られることを期待しながら読むのであるが、史実では家康は討ち取られなかったので、幸村が討ち取られている。
 家康が討ち取られて物語が終わることを望む人は、津本陽の「真田任侠記」が面白い。
 家康が本当にいったかどうかはわからないが、家康の人生訓が最後に書かれており、日頃不満に思うばかりの自分を恥じ入るところであった。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share