まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

読書日記「パン屋再襲撃」

2018年7月18日

 文春文庫。村上春樹。
 なんとなくこの夏は村上春樹を読もうと思っていた。
 そこで、長編は読み始めると時間が必要なため、短編集を移動の際に読んだ。
 ねじ巻き鳥の原型となった小編も掲載されている。
 レイモンド・チャンドラーは短編を組み合わせて長編にしたり、横溝正史も同じようなことをしていたが、作家というものはたまにそういうことをするようである。
 象が消える不条理な世界の「象の消滅」、夫婦がパン屋を襲撃する(しかも妻はなぜか手際がいい)表題作、兄と妹の関係を描いた「ファミリー・アフェア」。
 読んでも中々理解できないが、そこが村上春樹なのだろう。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share