まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

読書日記「戦争の日本中世史」

2018年5月16日

 新潮社。呉座勇一。
 下克上は本当にあったのか、が副題であるが、そこに紙幅はさほどかけられていない。
 鎌倉時代の戦争と、室町時代の戦争の実際を史料を基に描き出している一冊である。

 既存の思考で見るのではなく、史料から当時どうであったかを丹念に考証しており、武士が戦争を本当に望んでいたのか、戦争に領主が行くとその領地がどうなるのか、領主が討ち死にした後の領地の行方など、できうる限り当時の実態を明らかにしようとしている。
 とてつもなくマニアックな一冊であり、私のような歴史マニアでないと読まないであろうと思いつつ、一応読んだので日記としてあげておく。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share