まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
中隆志

被害者救済に取り組む法律のプロ

中隆志(なかたかし)

中隆志法律事務所

コラム

オオスズメバチ

2011年3月7日


今日出勤の電車の中でマンガを読んでいると、スズメバチが出てくる話があった。
スズメバチは怖い。アナフィラキシーショックで何回も刺されると死亡することもある。
特にオオスズメバチのでかさはただごとではない。あんなのが飛んできたら「ひえ~」となる。香水のにおいに反応するともいわれている。

 勤務弁護士時代に、初夏の頃、冷房を入れるには早いし、窓を閉めると暑いので窓を全開にして起案をしていた。
 そうすると、後ろでブーン…という羽音が聞こえるので後ろを振り返ると、そこには物凄く大きいオオスズメバチが極めて凶悪この上ない顔で私の方を睨んでいた。
  ひええええ。
  起案を放り出して逃げ出して扉を閉める私。
  1階に降りて(当時勤務弁護士の部屋は2階にあった)、事務員K田さん、Sさんに「スズメバチが出た」と大騒ぎをする。急ぎの起案なのにスズメバチが私の執務室を占拠しているのである。
  そうしたところ、K垣という事務員がすたすたと二階に上がり、部屋の扉を開けたのである。「危ないからやめとき」と言っていると、今度はハチは来客室に飛んでいった。K垣さんは来客室の窓を開けて、しばらくハチとにらみ合っていたが、5分後、ハチは飛んでいったのであった。

 私は何かでスズメバチの恐ろしさを本などで読んで知っていたので、彼女のようなマネは出来なかった。こう書くと、私が物凄い臆病者のように見えるが、スズメバチに刺されると人によっては体に抗体が出来て、2度目に刺されるとその抗体がスズメバチの毒に反応してアナフィラキシーショックを起こす場合があり、ひどいときは死ぬのであるから恐れても恐れすぎることはないのである。

この記事を書いたプロ

中隆志

中隆志(なかたかし)

中隆志プロのその他のコンテンツ

Share