まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
矢田倫基

生活再建を支援する任意売却のプロ

矢田倫基(やたともき)

烏丸リアルマネジメント株式会社

お電話での
お問い合わせ
075-253-0881

コラム

破産を強制される「債権者破産」

自己破産

2016年2月29日 / 2016年9月1日更新

自己破産 債権者破産
破産の申立てをすることができるのは、債務者に限られたことではありません。
債権者からの申し出によって債務者を破産させることもできます。
これを「債権者破産」と言います。

債務者が支払い不能であるにも関わらず自己破産をしない場合に、債権者が債務者を強制的に破産させてしまうわけですが、どうして債権者はそうさせるのか・・・。

破産は全ての財産を清算します。
マイナスの財産だけでなく、プラスの財産がある場合、その財産は原則債権者へ平等に分配されます。
この分配によって債権者が得るお金のことを「引き当て金」と言うのですが、この引き当て金を得るために債権者は債務者を破産させるのです。
また、引当金のメリットだけでなく、債権者にとって回収できないお金を経理上、損失処理できるメリットもあります。

しかし、この債権者破産、財産の回収見込みがたたない(マイナスの財産しかない)場合、特に個人の破産になると、債権者にとってはあまりメリットのある申し立てではありません。

また、予納金が非常に高く(80万円~)、余程のことがない限りこれが行われることはありません。
ですので、破産は債務者自身が申し立てしない限り、他から強制されることは現実的にはないのです。

以上、『破産を強制される「債権者破産」』のお話しでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
『法律相談から不動産売却まで安心ワンストップ』
公式ホームページはこちらです。
烏丸リアルマネジメント株式会社
代表相談員 矢田倫基 / 司法書士 矢田明日香
電話相談:フリーダイヤル 0120-570-400
メールでのご質問・お問い合わせは こちら

この記事を書いたプロ

矢田倫基

矢田倫基(やたともき)

矢田倫基プロのその他のコンテンツ

Share

矢田倫基プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-253-0881

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

矢田倫基

烏丸リアルマネジメント株式会社

担当矢田倫基(やたともき)

地図・アクセス

矢田倫基プロのその他のコンテンツ