マイベストプロ神奈川
弘瀨美加

高齢者に安心・安全な暮らしを届ける住環境サポーター

弘瀨美加(ひろせみか) / 講師

comfy living

お電話での
お問い合わせ
050-7126-0551

コラム

ついていける???

2022年1月14日

テーマ:シニア世代の心身の特性に配慮した整理収納

コラムカテゴリ:くらし

コラムキーワード: 部屋の片付け



2022年4月のプラスチック資源循環促進法施行で、
この後、プラスチック製品のごみ出しルールが変わるらしい。
プラごみは容器包装と、
バケツやハンガーなどの製品プラに
大別されるようになり、
ペットボトル以外は
「可燃ごみ」や「不燃ごみ」という地域でも、
「資源ごみ」として収集する事例が増えていき、
そのごみ収集ルールは
地域の実情に合わせて自治体が決めるのだそう。
※詳しくはこちら → NIKKEI STYLE プラスチック新法で変わるごみ出し 

地球への環境保護は、とても大切。
やらなくてはいけないと思う。
けれど・・・一方では、
これまでも、ごみの分別が難しくて、
家に溜め込んでしまう高齢の方が多くいるのも現実。
それを更に細かくとなると、
かなりハードルが高いような気がする。
プラ製品を買った時に、
これとこれは、可燃ごみで、
これは、不燃ごみといったように
処分するときの分別の仕方でも
メーカーの方で記載でもしてくれないと、
わからないことも多いのでは?と思う。
でも、各自治体によって、
分別の仕方もバラバラなようなので、
そこも、難しい感じ。
せめて、国内で統一してくれたら、
こんなことも可能になるのではと思う。
高齢の方でなくても、
細分化されそうな分別のルールに
ついていけるのかなぁ?




シニア世代の心身の特性に配慮した整理収納・comfy living

この記事を書いたプロ

弘瀨美加

高齢者に安心・安全な暮らしを届ける住環境サポーター

弘瀨美加(comfy living)

Share

関連するコラム