マイベストプロ神戸
深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(ふかだひろふみ)

オーシャンゴルフアカデミー

お電話での
お問い合わせ
078-431-3727

コラム

100日で100が切れたのは、天才だからではありません

2019年2月9日 公開 / 2019年4月12日更新

テーマ:ゴルフあれこれ

100日で100が切れるのは天才だからではありません

先日Oさんが『たった100日で100を切りました!』というコラムを載せましたところ、やはりというか、こんなメッセージを頂きました。
送ってこられたのは、コラムの読者の方ではありますがオーシャンゴルフアカデミーの生徒さんではありません。

『どうせこのOさんって、天才なんでしょ? メチャクチャ身体能力が高くて、毎日練習場に行けて、週一でコースに行けるようなお金持ちなんじゃないんですか?』
このような反応が出ることは、想定の範囲内でした(笑)
確かに、たったの100日で100を切ったと聞けば、天才だからでしょ?という斜に構えた皮肉の一つも言いたくなるのは分かります。
ですがはっきり申し上げておきます。
Oさんは天才でもなければ、お金持ちでもありません。
ただ『できるかできないか?』ではなく、『やるかやらないか?』で、『やった』人なのです。
天才ではないと申し上げましたが、『努力の天才』とは言えるかもしれません。
Oさんは、そう頻繁には練習場に行けるわけではありませんから、自宅で鏡を見ながら教わったことを復習し、レッスンに来られたらひとつずつのエラーを考え、私に訊き、『どうしたらできるようになるか?』を考え、『やる』人なのです。
まず『できないからやらない』とは考えず、『できるようになるまでやる』
これが努力の天才、Oさんです。
間違いなく『身体能力』や、『経済状況』は上達を左右するファクターです。
身体能力が高い方が有利ですし、経済的に余裕がある方が有利です。
しかし、それが全てではありません。
身体能力が高くて、経済的に余裕がある人でも、中々上手くならない人は多々おられます。
身体能力があまり高くなく、経済的に余裕がない方でもシングルになられた方もおられます。
もし環境が全てなら、その矛盾はどう説明すればいいのでしょうか?
『どうせ自分にはできないんだ』と諦めるのをやめませんか?
『どうやったら自分ができるようになるんだろう?』と思ってみませんか?
凄いスピードでスコアアップした人に皮肉を言うより、『よし!自分にもできるんじゃないか?』と思って『やってみる』方が、より自分のためだと思われませんか?
誰かを批判しても、何かを否定しても、自分のゴルフが上手くなることはあり得ません。
批判や否定をするより、『やってみよう!』とすることの方が前向きですよ。
もし『自分は何をしたらいいのか?』が分からないのでしたら、一度オーシャンゴルフアカデミーをお訪ねください。
貴方が何をしたらいいのか?を、一緒に見つけましょう。
体験レッスンにお越し頂けたら、私は全力で貴方をサポートいたしますから。

この記事を書いたプロ

深田洋史

ゴルフレッスン&クラフトのプロ

深田洋史(オーシャンゴルフアカデミー)

Share
関連するコラム

深田洋史プロのコンテンツ